« 100センチ超えとフッ素塗布 | トップページ | アイスが・・・ »

2009.04.17

「まだ」4歳

我が家の長男は
現在4歳5か月の
幼稚園年中さん。

言葉も行動も
この一年ほどで
びっくりするほど成長しました。

でも
時々「なんでそうなの?」と
思ってしまうことも。

例えば今日なんて
「うぃーひっと」のトレーニングが
苦手なものだったから・・・と
朝からふくれっ面。
摘んできたタンポポが枯れた・・・と泣き
思うようにゲームの点が取れない・・・と
「もうやらないっ!もうしらないっ!」なんて
プンプンしながら涙ぼろぼろ。

泣けば泣いたで
何故か
人の服で涙を拭きたがる長男。
やめて!と言うと
ひーひー泣きながら
真っ赤な顔をして向かってきました。

負けず嫌いなのは分かるけれど
(年少の頃
幼稚園の先生からも
「負けることもあると知って
それも楽しめると良いのですが」と
言われました。)
思うようにならないことの方が
圧倒的に多いのだし
負けることも大切な勉強だし
第一
そんなことで
いちいち号泣していたら
もう何にも出来ないじゃない。

毎日のように
何かしらそういう事があって
わたしも
日が暮れる頃には
ぐったりなのです。

お願いだから
ママの話を聞いて!
兎に角
まず
大袈裟に泣くのをやめなさい!と
こちらも本気で相手にしていたのですが・・・。

むー・・・。

我が家の長男。
「まだ」4歳なんですよね。
たまたま
下に弟が生まれたから
お兄ちゃんになっちゃって
あれもこれもひとりでやってーなんて
言われているけれど・・・。

幼稚園から帰ってきた長男が
バスの中で眠ってしまい
バスを降りた後
立っていられない状態だった時も
次男を抱っこしているからという理由で
自宅まで歩かされ・・・。
(流石に階段は無理で
前に次男を抱き
背中に長男を背負い
ぜーぜーしながら上りました。)

もし
まだ我が家の子どもが
長男だけだったり
長男が次男・三男だったりしたら
眠くて立っていられない子どもを
歩かせたりしなかったんだろうなぁとか
ご飯を食べるのが遅かったら
いちいち怒らず
ぴったりついて
食べさせてあげたりしたんだろうなぁとか
そう考えると
長男が可哀想になってしまうのです。

思い返せば
わたしも長子。
すぐ下の弟は
体調を崩しやすい子どもだったから
物心ついた頃には
常に弟に
母親を独占されてる気分でした。
(大人になってからは
女同士ということで
母を取り返せた(!)気でいますが。)

ああ。
もうちょっと
わたしの怒りの沸点を下げて
長男を甘えさせてあげたいのですけれども・・・。

長男は「まだ」4歳。

|

« 100センチ超えとフッ素塗布 | トップページ | アイスが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3740/44700942

この記事へのトラックバック一覧です: 「まだ」4歳:

« 100センチ超えとフッ素塗布 | トップページ | アイスが・・・ »