« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008.03.23

初!ボーリング

お買い物に行くついでに
息子にとって
初めてになる
ボーリングに行ってきました。

とは言っても
臨月のわたしは
当然見学のみ。
旦那さんは近々
職場でボーリング大会があるそうで
その練習も兼ねて。

先日
息子に「ボーリング行く?」と聞くと
何のことだか解らないのに
「いきたーい!」と答えていました。
その時は
お買い物をしていたら
時間が遅くなってしまって
結局行かれなかったので
今日こそはという感じで
遊びに行ったのですが・・・。

旦那さんが
受付をしている間
他の人たちをみて
「わー(パチパチ)」なんて
喜んでいた息子。
ところが
靴を履きかえる段階で
「イヤだ!はかない!」とグズグズ。
一番軽いボールと
おこちゃま用の補助具を
(台の上にボールを置いて押すだけで
傾斜を下って多少スピードがついて転がる)
借りてみたものの
「きゃーーーきゃーーー」と怖がってしまい
結局旦那さんに抱えられて
二球転がしてお仕舞い。

行きたい!って言ってたの
誰でしたっけ??

後で聞くと
どうやら
あの独特の雰囲気と
(ちょっと薄暗い?)
ピンが倒れる時の
ガチャチャーン!!という音が
怖かったらしいです。

初めてのもの
初めてのこと
初めての場所が
兎に角苦手な我が家の息子くん。

そんなビビリで
大丈夫~~?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.22

やっぱり来ない・・・

もうすぐ
出産予定日だというのに
まだ
その前兆が来ません。

いい加減
そろそろどうにかしないと・・・と思い
午前中はお散歩
午後は床の雑巾がけ
など
出産を促しそうな行動を
取ってみたりもしているのですが
それでもやっぱり
陣痛が来ません。

うー
嫌だなぁ。
予定日過ぎると
周囲からのプレッシャーが
凄いんだよなー・・・。

こうして
パソコンに向かっている現在も
お腹は張るし
下腹部に
鈍い痛みを感じるのですが
如何せん
定期的に来ないことには
病院にも行かれない・・・。

出来ることなら
旦那さんが一緒に居るときに
始まって欲しいなぁ。

今日の午前中も
息子と2人で
お買い物がてら
お散歩してきました。

我が家の目の前で
道路工事が行われているのですが
信号待ちをしていたら
そこの警備員のオジサンに
突然
「つわり・・・つわりって
いやあの
うちの○○が(←最後まで
自分の子のことか息子の嫁のことか
はたまた孫のことか判明しなかった)
つわり大変なんだけど
治るかな?治るの?」と
声をかけてきました。

既に
信号は青に変わっていたけれど
その必死な様子が微笑ましくて
「大丈夫ですよー。
5か月・6か月くらいまで
あるかもしれないけれど
必ず治りますから~」と
お返事しておきました。

余程心配なのでしょうね。
大丈夫大丈夫。
最悪の場合でも
産んでしまえば治りますから。

そうそう。
いざ出産をしたら
退院後は自宅には戻らず
わたしの母方の親戚の家に
しばらくお世話になることになります。
息子の時のように
促進剤を使うようなことになれば
「今日(明日)産みます」宣言を
ここでしてから行きますが
そうでなければ
2~3週間は
更新出来ない予定です。

・・・っていうか
促進剤を使うくらいまで
出産が伸びたら
息子の入園式
参加できちゃうような・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.18

妊婦検診(38週)

午前中
旦那さんが
お仕事の都合をつけてくれたので
息子を任せて
妊婦検診に行ってきました。

診療時間前に到着し
受付を済ませたものの
結果的には
最後の会計までで
二時間かかりました。

ふう。
息子が一緒だったら
また待ち時間が
大変だっただろうなぁ。

お腹のあかんぼさん。
推定体重2700グラムだそうです。

あれ?
先週は3000グラムを超えているって
言われたのですけれども。
(しかも同じ先生・同じ機械。)
まぁ
誤差の範囲ということで。
あまり大きくなり過ぎていても
出産時が怖くなりますし。

「あかちゃんは
下がってますねー。
でも子宮口はまだ全然
ひらいていないですねー。」

あーあ。
先週と全く同じコメント。
ちっとも進んでいませんでした。

あまりに気になるので
「ひとり目の出産時に
予定日から10日も過ぎたので
今回もそうなるのでは・・・と
心配なのですが・・・」と聞くと
「二度目だからねぇ
そんなに遅れるってことは
ないと思いますよー」だそうです。

本当かなぁ。

先日の日曜日
少しでもお産が進むようにと
旦那さんと息子と三人で
お散歩がてら
お参りに行ってきたのですが
まだまだ足りないようです。

それでも
わたしの身体は
ミシミシ痛いです。
夜中に
身体の痛みで目が覚め
そのまま眠れないこともしばしば。

まだかな
まだかな。
待ち遠しいよーぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.15

まだ来ない・・・

第二子出産予定日まで
まだ少しあるとはいえ
陣痛の前兆の無さに
だいぶ
焦ってきました。

予定日を知っている友人・知人には
「だってまだ(日にち)あるじゃーん」と
笑われていますが
カレンダーを見る度に
いやーな気持ちになってきて・・・。

というのも
第一子(息子)の出産が
予定日から10日遅れたことが
思い出されるからです。

・・・実際には
9日目に誘発分娩の為に
入院したにもかかわらず
お薬が効かなくて

結局
日付が替わった真夜中に
陣痛が始まったのですが。

経産婦なのに
予定日から遅れちゃうのかなぁ。
あんまりのんびりしていると
年度をまたいじゃうんだけどなぁ。

どーしよ。

お腹の中で
日々確実に
大きくなっているであろう
あかんぼのことを思う度に
早く出てこーい!と
声をかけずにはいられないでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.12

妊婦検診(37週)

昨日は
妊婦検診の日でした。

臨月に入り
検診は週に一回。
午前診療の早い時間に
行ったつもりでも
二時間待ちは当たり前。
しかも昨日は
息子も連れて行かなくてはならず。

これが結構疲れるのです。

愚図り防止の為に
おやつや飲み物や
お絵かき用のノートをバッグに入れて
のんびり屋の息子をせかし
病院に向かいました。

車の中や
近くのスーパーで時間を潰し
病院内で待ったのは
40分くらいだったかな?
その間
お絵かきをして
機嫌良く過ごしていた息子でしたが
近くにいた女の子が
お菓子を食べ始めると
「○○(←息子の名前)も食べたいのー。
ブドウちょうだい!」(何故かラムネのことを
息子はブドウと言います。
最初に食べたのがブドウ味だったから?)

しかも
お昼が近かったこともあり
「おかわり~~」。

いやいや
もうママの名前
呼ばれてますから!

ぶぅぶぅ言う息子をどうにかなだめ
診察→内診を済ませた後の
先生とのお話に向かいました。

お腹のあかんぼは
先週よりも200グラムほど大きくなり
推定体重が3000グラムを
超えてしまいました。
先生もひと言「大きいなぁ」。
予定日までまだ二週間以上あるのに・・・。

あかんぼは
もう下がってきているので
子宮口は全然開いていないけれど
痛みが来たら早いよーと言われました。

うっ
それって
先週と全く同じ状態じゃないですか・・・。

看護師さんには
「沢山お散歩して下さいねー」なんて
笑顔で言われましたが
歩くのも辛いくらい
足腰にきているし
関節の辺りは
電気が走るような痛みがあるし
(あかんぼの頭で
神経が圧迫されているので
ビリリっときます)
素直に「ハイ」とは言えません・・・。

息子の時だって
予定日前後に
散々歩いたけれど
結局は予定日を10日も超過したので
「沢山歩く(動く)→お産が進む」とも
正直思えません。

だからといって
日々大きくなっていく
お腹のあかんぼを
予定日まで
のんびり待つ勇気も無く。

今週末は
旦那さんと息子に付き合ってもらって
近所の大きな公園にでも
行ってこようかなぁ。

陣痛は
いつどうやって始まるのかが
解らないことが不安なだけで
ちっとも怖くありません。
早く
その時を迎えられますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.10

幼稚園グッズ作り

重い腰を上げて
ようやく
息子の幼稚園グッズを
作り始めました。

のんびり時間をかけて
つくろうかなーなんて
考えていたのですが
週末の夕方
どしーーーんっ
という
重たい痛みを感じ
(単なる前駆陣痛でした)
時間が無くなる~っと
ちょっと焦って作りました。

第一弾は
通園の時に使うサブバッグ。

08030701

本当は
キャラクター柄の生地は
使いたくなかったのですが
(わたしの気分の問題というだけ。)
手芸屋さんでこの生地を見つけた息子が
抱きしめて離さなかったので
旦那さんとも相談し
「○○(←息子の名前)の好きなので
良いんじゃない?」のひと言で
決定しました。

結果的に
息子はすごく気に入ったようで
出来上がってすぐ
手持ちのプラレールの車両を
全て入れて
「これお買い物にもって行くのー」なんて
言っていました。

工夫した点
・・・と言うほどのことはありませんが
バッグを地面に引きずって
汚れても目立たないよう
下半分に
デニムのキルティングを使いました。

生地を二種類使ったのは
同じキャラクター生地を使う
お友だちもいるだろうなぁと思って。
(いつも行く手芸屋さんは
近所で一番大きくて品揃えが豊富。
なので
同じお店で購入する確立も非常に高い。)

それから
主に幼稚園で使用する
きんちゃく袋×三枚。

08030901

同じ大きさのものを三枚
用意しました。
ただし
それぞれ区別する為に
全く同じもの(色・柄)はNG。

この生地の組み合わせは
わたしの趣味で選びました。
それでも息子は
「SLだ~」と言ってくれたので
まぁ良かった・・・のかな。
ちなみに
紐の色(黄色)は
息子が自分で選びました。

それから
サブバッグと同じ理由から
全てにSLの柄の部分を使って
タグをつけておきました。

大物(生地を多く使うもの)は
これでひとまず揃いました。
あとは
それぞれに
アイロンで名前と
目印のアップリケをつければ
完成です。

残るは
小さなきんちゃく袋や
お弁当袋など。
これは
大袈裟に道具を広げなくても
作業出来るので
お腹の様子と相談しながら
ぼちぼち作ろうと思います。

三年経ったら
ボロボロになっているんだろうなぁ。
ある意味
それも楽しみだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.07

幼稚園のクラス編成

今日は
息子の通う幼稚園で
教材の受け渡しと
クラス編成の発表があったので
ちょっとだけ
行ってきました。

うにゃー。

今の住まいに越してきてからの
たった2人のお友だち
(とは言っても
まだちゃんと
名前も住所も知らない
顔見知り以上お友だち未満)と
別々のクラスになってしまいました。

知らない人ばかりの
幼稚園生活。
うぅっ
いきなり心細いかも・・・。

バス通園なので
(これはわたしが
息子の幼稚園を選ぶ時に
希望したこと)
ママさん同士の交流も
期待出来ないし・・・。

まぁ
通うのは息子だから
息子が気に入って
楽しんでくれれば
それで充分なのですけれどもね。

帰りしな
在園児に混じって
少しだけ
近くにある公園で遊んできました。

はしご段を登って
すべり台を満喫する息子。
公園遊びなんて
いつ以来だか思い出せないほど
久し振りだったので
短い時間だったにも関わらず
息子は本当に本当に
楽しそうにしていました。

歩いたり遊んだり
いつもより大目に動いたことと
お出掛けして
お昼寝の時間が取れなかったことで
息子は
お夕飯を食べながら
あっという間に眠ってしまいました。
明るいうちに
シャワーを済ませちゃって良かったー。

久し振りに出来た
自分ひとりの時間。
ですが。
誰にも邪魔されないうちに・・・と
さっきまで
布を広げておりました。

一昨日から
本格的に
息子の幼稚園グッズを
作り始めています。

大小合わせて
十以上のアイテムを
作らなくてはなりません。
中には手間のかからないものも
ありますが
それにしても結構大変。

身体と時間に余裕があれば
もっといろいろ
手間をかけたかったけれど
間に合わない!なんていう事態になっては
困ってしまうので
そうも言っていられません。

でも
最初に作ったひとつを
息子が随分気に入ってくれたようだし
ミシンに向かうのは
とても楽しいので
よしっ頑張ろう!
という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.05

お気に入りのDVD

ひと月ほど前からのことですが。

息子がしきりに
「べーぶいびー(DVD)!」と
要求するようになりました。

ひとつは
わたしの従姉がプレゼントしてくれた
新幹線・特急・在来線・SLなどが
盛りだくさんで紹介されている
図鑑(?)についていたもの。

毎日のように観ては
「これエヌナナヒャクケイよ。」
「これはねぇ。こまち。」
「あ!いーふぉーけーまっくすぅ♪」。
日々
言葉(と言って良いのか知らん)が
増えている状態です。

全部で40分くらいのものなので
夕食の支度をしている時などは便利。
息子のお蔭で
わたしも随分詳しくなりました。

もうひとつは
宮崎駿さんの「となりのトトロ」。

切っ掛けは
友人宅で音の出る絵本に出会ったこと。
この中でも特に「さんぽ」を気に入り
ずうっと遊んでいた息子に
たまたま自宅にあった
カセットテープ(!)を聴かせたところ
これが息子のツボにはまったようで。

カセットを聴けるのは
我が家では車の中のみ。
車に乗る度に何度も何度も
「ままーおうたきかせてー」と言うので
じゃあ
映画を見せてみようか?と
レンタルしてきて見せてみました。

知っているお歌が流れ
可愛いキャラクターが
あちこち出てくる「となりのトトロ」に
息子は大興奮。
借りている一週間は
毎日一回見ていました。

いざ返す段になって
息子が納得するのか
凄く心配だったので
レンタルショップのお兄さんには
息子が「ありがとう」と言って
手渡すようにしました。

ひとまず納得した様子の息子。
でも
そーんなに気に入ったのなら・・・と
旦那さんと相談し
結局購入してしまいました。

枕元にそっと置いておいたら
朝目覚めた息子は
「まま!『あるこー』があった!!」。
(「さんぽ」の歌詞「♪歩こう~歩こう~♪」から
『トトロ』ではなく『あるこう』と言います。)

それからは
毎日ではないものの
かなりの頻度で見るようになりました。
最近では
内容や台詞も随分覚え
「あ!どんぐりーだって~」
「おばあちゃんいたよ~」
「おねーちゃーんだって~」
「バスくるよ。ねこのバスだよ」と
いちいち教えてくれたりします。
(いやいや
静かに見てくれていいのよぅ・・・。)

二十年経っても衰えない
その魅力に
旦那さんと驚きつつ
良いものを気に入ってくれたなぁと
思っていたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.04

妊婦検診(10か月一回目)

今日は
旦那さんが
お仕事を調整してくれたので
息子を旦那さんに任せて
午前中
ひとりで病院に行ってきました。
(職場の皆さんの
ご理解・ご協力あってのこと。
本当に有難うございます。)

朝早く行った割りに
病院内はとても混んでいて
結局二時間待ちました。
旦那さんの出勤の都合もあるので
最後はハラハラドキドキ。
血圧がいつもより随分高かったです。
普段低血圧で良かったー。

お腹のあかんぼは
超音波をあてられている間も
もぞもぞと元気に動いており
診察してくださった先生も
(前回と同じおじいちゃん先生)
「おー元気に動いてるねぇ」と言いながら
画面を静止できずにいました。
その分
ゆっくり見せて頂けましたけれども。


推定体重は
2800グラムを超えました。
二週間で約300グラム
増えたことになります。
反面
わたしの体重は
二週間前と変わらず。
昨日
旦那さんのお土産の
シュークリームなんぞを
食べてしまったので
(凄く美味しかったです♪)
ちょっと心配でしたが
許容範囲内で収まりました。

診察の結果
子宮口はまだ開いていないものの
あかんぼは
だいぶ下がってきているそうです。
「ここ一週間で産まれるってことは
なさそうだけれど
これだけ下がっていれば
始まったら早いよ」とのこと。

「もういつ出てきても大丈夫」だそうで
ずっと飲み続けていた
張り止めのお薬も今日でお仕舞いです。
ただ最後に
「もう体重増やさないでね」と
釘を刺されましたが。

入院の準備もほぼ整い
男の子・女の子両方の名前も考え
(顔を見て変更する可能性も
わずかに残しつつ・・・)
あとはお腹のあかんぼのタイミングを
待つのみといった感じでしょうか。

・・・!
息子(第一子のこと)の
幼稚園の準備が
まだでした!
名前を書いたり
ミシンをかけたり
まだまだまだまだ
しなくてはならないことが盛り沢山。

そうそう。
あと
ビデオカメラと一眼レフのカメラを
準備しておかないと。
息子のときには
あれだけ沢山記録に残しているのに
第二子は少なーい!!
なんてことのないように。

前駆陣痛らしきものを
感じ始め
いよいよ
「その時」への準備に
気持ちが入ってきました。

身体中
痛くてたまらないけれど
あと少し
ガンバロウ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.03.01

この頃少しヘンよ

3歳4か月になる
我が家の息子。

目前に迫った
ママの出産を知ってか知らずか
ヘンな所で甘ったれたり
我が侭を言ったりしています。

毎朝
目が覚めた息子は
ひとりで扉を開け
別の場所(大抵リビングかキッチン)にいる
わたしに向かって
「まーまーー!おはよーー!!」と
一声叫んでから
廊下をだだだっと走って来ていました。

ところが最近は
必ずお布団の中で
「まま~~~っ」と泣きます。
わたしが寝室に迎えに行くまで
お布団からも出ようとしません。

抱っこをせがみます。
余程体調が悪い時以外は
仕方が無いので抱っこしますが
お腹に負担がかからないように
16キロもある息子を抱えるのは
結構大変。

普段は
パパが大好きで
お風呂も寝かしつけもお出掛けも
何でもパパにお願い出来るのに
この時だけは
どうしてもママでないと駄目なようです。

こんな状態で
ママの出産入院中
パパもママも居ないお家で
(親戚に預かってもらう予定です)
大丈夫なのかしらん・・・。

出先で
自分が押したかった
エレベーターのボタンを
誰かが先に押してあったというだけで
床に伏せて泣き出したり
手を繋がないと
階段の上り下りが出来なかったり。

妙な所で
甘ったれの我が侭坊主っぷりを
発揮する毎日です。

その様子を見ている旦那さんは
「この調子だと
(第二子の)出産
近いかもな」と言っています。

そうなのかな。
そうなのだろうな。

ママの大きなお腹から
赤ちゃんが出てくることを
きちんと理解できていない息子だけれど
解らないなりに
何かを感じているのだろうなぁ。

早い時期から
安静生活をしているママに付き合って
殆どお外遊びをさせてあげられなかったり
身体を使った遊びを
させてあげられなかったり・・・。
息子には
随分我慢をさせてしまいました。

むぅん
ごめんよ。

もう少しだけ
ママに付き合っておくれ。

と言いつつ
産まれたら産まれたで
心の変化があるのだろうなぁ・・・。
数週間とはいえ
パパと離れて暮らさないとならないし
幼稚園も始まるし。

息子にとっての試練の春は
間も無くです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »