« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.31

連日お出掛け中

旦那さんが
年末年始のお休みに入ってから
なんだかんだと
毎日お出掛けしています。

昨日・今日は
来年引っ越す予定のマンションを
見に行ったり(我が家の棟は
8階くらいまで姿を現していました)
そこから車で少し行った所にある
ショッピングモールに行ったり。

何故か
ショッピングモールには
二日続けて行ってしまいました。

あちこち歩いたり
美味しいものを食べたり
玩具で遊んだり。
息子はパパに
ちょこちょこと小さな玩具を買ってもらい
毎日ご機嫌です。

最近の息子は
ものすごーい「パパっ子」です。
パパがひとりで
お手洗いに行ってしまっただけで
引っくり返ってないていますし
手を繋いで歩くのは
基本的にはパパだったりするし。

男の子とパパの関係って
そんな風だったら良いなぁと
ずうっと思ってきたので
二人の姿を見ていると嬉しくなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年もあと一時間弱でお仕舞い。

まあ
色々ありましたが
息子中心のあわただしい毎日は
それなりに充実していて
平和で
楽しい毎日でした。

来年も
楽しく騒がしく
良い年になりますよう。

コメントを下さったみなさん
遊びに来て下さったみなさん
息子のことわたしのこと
気に掛けて下さったみなさん
どうも有り難うございました。

また来年も
どうぞ宜しくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さっ
お蕎麦を茹でてこようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.28

2歳2か月になりました

昨日(12月27日)で
息子は2歳2か月です。

たんこぶ騒動で
忘れていました。

遅れ馳せながら
随分言葉が出てきました。
いまのブームは「どうぞ」。
「頂戴」と混同して使う時もありますが
ママに玩具を「どうぞ」
お友だちにおやつを「どうぞ」。
忙しくて聞こえないふりをしていたら
「どうぞっどうぞっ!!」と
語尾を強くしていました。

「どうぞ」と一緒に「どうもありがとう」を
するようにしています。
まだ言葉では出てきませんが
深ーくお辞儀をするようになりました。
「どーーもありがとう」という感じ。
「ごめんなさい」はまだまだまだまだ・・・です。

「あか」「あお」「きいろ」など
色も覚え始めました。
「あか」は完璧。
「あお」は「あぅ」とか「あか」とか。

「落ちちゃった」「あった」「ないない」なども
よく使っています。

パパに向かってわざと
「ママぁ」と声をかけます。
パパが「ママじゃないよパパだよー」と
答えてくれるのを
ニヤニヤしながら待っています。

何故か
「しちーはちーななーろくー」と
数字を数えます。
エレベーターなどでは
「1(1階)を押して」とお願いすると
間違えずに押してくれます。
「2」はまだちょっと怪しいかな?
兎に角
数字にはとても興味があるようです。

食事は
卵が大丈夫(そう)なので
世界が随分広がりました。
自宅では薄味を心掛けていますが
市販のものや外食も随分経験しています。

階段を
支えなしで上り下りして
パパ・ママを驚かせました。

奥歯が一本生えました。
それから念願のフッ素を塗布しました。
現在のところ虫歯はなし。
最近なかなか素直に
歯磨きをさせてくれないので
ちょっと大変です。
それでも磨いていますけれどもね。

インフルエンザの予防接種をしました。
他にも三種混合の追加接種など
する予定はあるのですが
最近ちょっと咳がひどかったりするので
体調が戻ったら接種します。

「こら」「だめ」などの
否定の言葉が苦手です。
ママにとって
すっごく嫌な出来事があって以来
どうも叱ることが出来ていません・・・が
ちょっと考え方を変えることにしました。
叱るのではなくて
そのやっては駄目なことから
気をそらすようにして
わたしも
どうしようもないこと以外は
一旦気持ちや言葉を
飲み込むことにしています。

転んだーとか
眠いーとかで泣く以外は
少しは良くなったかなぁ。

パパの真似をしたり
お友だちの真似をしたり。
お遊戯のようなことをしたり。
誰かがしていることに興味を持って
自分も同じことをしようとすることも
増えてきました。
こうなってくると
もっともっとお友だちと遊んで
良い刺激を受けてもらいたいです。

パパ・ママに「ちゅぅ」する仕草や
ママの頭を「なでなで」する仕草に
ママは随分癒されています。

それ以外にも
思い出せないくらい沢山ありますが
今日はこの辺で。

そうそう。
今日で旦那さんは仕事納めです。
少しの間
べったり一緒に過ごせます。
明日は早速
少し前から計画していた
サンシャイン水族館へ
お出掛けしてきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.27

大きなこぶ

今日は午後から
ママ友さんに誘われて
隣の自治体の児童館(?)に
遊びに行ってきました。

夕方まで目いっぱい遊び
お昼寝のタイミングを逸した息子は
帰りの車でぐぅ~。
今日はどうしても
お買い物をして帰りたかったので
自宅近くのスーパーへ。
そのスーパーのエレベーターが
大のお気に入りの息子は
駐車場でぱちっと目を覚ましてくれました。

買い物を終えて自宅に戻り
じゃあまずはお洗濯物を・・・
とその瞬間
後ろから息子の泣き声が!

何?どうした??
何だか解りませんが
どうやらリビングで転んだ様子。
どこかぶつけたのか
驚いたのか
凄い勢いで泣きながら
抱っこを要求してきました。

暫くなだめていると落ち着いたので
再びお洗濯物を取り込み
息子にはテレビをみせながら
お夕飯の支度をしました。
一足先に息子が食べ始め
そろそろ終わるかなーという頃に
旦那さんが帰宅。
じゃあ
息子が食べ終わる前に
一緒に食べてしまおうと
息子の横の席に座り
息子を見ると・・・

!!!
左目の上に
もっっっの凄い大きなこぶが!!

わたしも旦那さんもびっくり。
それまで気が付かなかったことにも
更にびっくりです。
帰宅直後に転んだ時
どうやら
木のチェストの角に
ぶつけたようです。

そおっと触ると
痛みを思い出したのか
息子号泣。
ネットで調べて
救急に行く程ではないとわかりひと安心。
今日はお風呂はやめて
おでこに熱冷却シート(半分に切って)を
張りました。

幸い息子は
シートを嫌がる風でもなく
程なく旦那さんの抱っこで就寝。
この時間になっても
悪化する様子もなく眠っているので
どうやら大丈夫そうです。

ああ
本当にびっくりしました。
もしひとりだったら
動揺しちゃうくらい大きなこぶなので
たまたま旦那さんの帰宅が早くて
一緒に見ていられて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.25

持ち越し~

今日は
いつもの育児支援施設へ。

年内は今日でお仕舞いなので
今日こそは
気になっているママさんと
もう一歩お近づきになろう!と
ちょっと気合を入れていました。

年末押し迫って・・・という感じで
今日の育児支援施設は
少人数貸切状態でした。
比較的気心が知れた人ばかりだったので
みんな気楽に過ごしました。


気になっているママさんは
今日は不参加でした。

わーん残念。
仲良し計画は来年に持越しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.24

メリークリスマス☆

今年のクリスマスイブは
朝からどたばたでした。

発端は昨晩。
某スーパーの広告の
ゲーム機抽選販売を知った旦那さんが
「明日は早起きして並んでくる」。
新しいゲームを買う予定は
これっぽっちもなかったのですが
まぁ当たらないだろうと暢気に考えていました。
いやその前に
朝起きられないかも知れないし。

ところが
わたしの予想に反して
さっさと支度を整えた旦那さんは
徒歩+電車で
開店に間に合うように出発。
クリスマスのお買い物もあったので
慌ててわたしと息子も支度をして
車で後を追いました。

駐車場に車を停めた頃
「当たっちゃったんだけど・・・買う?」と
旦那さんから電話が来ました。
ありゃりゃ。
購入するか否かは旦那さんにお任せし
わたしたちも売り場に向かうと
旦那さんは既にレジの前。

という訳で
最近話題のゲーム機が
わたしと旦那さん二人分の
クリスマスプレゼントになりました。

数ヶ所でのお買い物を終えて
自宅に戻り
昼食を食べたら・・・

今年は手作りケーキにチャレンジです。

ホールケーキを焼くのは久し振り。
更に
15センチの型しか持っていないので
(レシピは18センチ用)
焼いている途中で
溢れてきたりもしましたが
無事に焼き上げることが出来ました。

デコレーションは
息子の大好きなバナナと
缶詰のフルーツをちょこっと使いました。

完成です♪

06122401

午前中に買ってきた
ケンタッキーのチキンと共に
三人でいただきました。

昨年と違うのは
息子も一緒に
チキンとケーキを楽しめたこと。
ごく最近ですが
アレルギーの心配から
ずぅっと避けてきた卵を
少しずつ使えるようになってきたので
食べられるものの範囲が
かなり広がりました。

そして今日のケーキも
息子は美味しそうに
手掴みでばくばくと食べてくれました。

ちなみに
わたしからのプレゼントは
旦那さん・息子共に「パジャマ」でした。
結婚すると
プレゼントって
どんどん実用的になりますね・・・。

あれもこれもで慌しい
でも
お腹いっぱいのイブでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.23

家族写真の撮影

昨年に引き続き
都内某所の写真館に
家族写真の撮影に
行ってきました。

1年に一度の贅沢です。

薄暗い撮影室(?)に入るまでは
息子はご機嫌でした。
最近
写真を撮られるのも好きだし
今年は良い写真を撮ってもらえるんじゃ
ないかなー?と
ちょっと期待したのですが・・・。

部屋の扉が閉まると同時に
それまでご機嫌だった息子は
ぴえ~~んと泣き出しました。

ええっ
今年もですか?

玩具で遊ばせたり
息子は立って撮影するはずだったのを
パパの抱っこに変更したりして
どうにか撮影してもらえましたが
果たしてどんな出来栄えになるのやら・・・。

偶然ですが
昨年も12月23日に
撮影に行きました。
このままだと
日程も毎年同じになりそうな。

写真撮影を終えた後は
近くの公園を歩いたり
写真を撮ったり。
ここで初めて息子が
誰の手を借りることもなく
5・6段の階段を上り下りして
パパ・ママをびっくりさせました。

ここからも
昨年と全く一緒なのですが
(能がないなぁ)
車で浅草に移動しました。
昨年と違うのは
息子がベビーカーではなく
自分の足で歩いたこと。

昼食は
旦那さんの希望でラーメン屋さんへ。
つけ麺のお店でした。
店員さんが
「お子さまも召し上がるなら
お子様用のスープも用意しますが」と
言ってくれたので
息子はここで「ラーメンデビュー」です。

06122301

お腹がいっぱいになったので
仲見世を通って浅草寺へ。
ちょこっとお参りをして
花やしきの前までお散歩。
でも花やしきには入らずに再び
仲見世に戻り
行く度に食べる「あげまんじゅう」屋さんへ。

息子も当然食べたがると思ったので
わたしはかぼちゃ餡を購入。
衣の部分を避けて
皮(?)と餡を少し分けてあげました。

それから少し足をのばして
お気に入りの七味を買い
帰りしな
芋羊羹で有名なお店で
どら焼きを買って帰りました。

車の中でほんの少し寝ただけの息子は
この辺りで限界。
抱っこされたまま
ぐっすり眠ってしまいました。

息子が自分で歩くようになってからは
初めての浅草でしたが
息子は
仲見世の賑やかな感じが気に入ったらしく
ニコニコしながら
右に左に視線を動かし
何やら喋っていました。

06122302

パパもママもお気に入りの浅草。
息子も一緒に楽しんでくれるなら
何よりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.12.21

14時間連続睡眠

昨日
18時半ごろに
お夕飯を食べながら眠ってしまった息子。

夜中に起こされるかな
早朝から大騒ぎかなと
ドキドキしていたのですが
なんと
朝8時半過ぎまで
一度も目を覚ましませんでした。

14時間連続睡眠です。
最高記録かも。

やっと症状が落ち着いてきたのか
咳き込んで目が覚めてしまうことも
昨晩に限ってはありませんでした。

これだけ長時間眠っていたので
今日の生活リズムは
滅茶苦茶かなぁと思いましたが
日中は普段と変わりなく過ごしていました。

でもやはり影響はあったようで
夕方17時半ごろに
リビングで寝てしまいました。
あちゃー。
この時間から眠っちゃうと
お夕飯から就寝までが
どんどんずれてしまうのに。

普段なら18時過ぎには
お夕食なのに
目を覚まして暫く愚図った息子は
19時半からやっと夕食。

先々週見逃したドラマが
22時から始まる(しかも最終回)今日は
どうしてもそれまでに
寝かしつけたかったので
それからは息子の機嫌をとりつつ
頑張りました。

無事にドラマも観られたし
時々咳き込みつつも
息子はぐっすり眠っているし。
ほっ。

最近
ノロウィルスやらインフルエンザやらが
流行り始めているので
息子を遊ばせる場所に悩みます。
今日は午後
お買い物に出ただけで
あとは自宅で遊んでいました。

みんなはどうしているのかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.12.20

クリスマス会

今日は
いつも行っている
育児支援施設での
クリスマス会でした。

昨晩から
何だかとっても楽しみにしていて
(ママがです)
頑張って家事を終わらせ
時間通りに到着しました。

今日は
普段の倍近いママ&お子ちゃまたち。
プログラムを貰って
早速歌が始まりました。

っと
息子はクリスマス会よりも
いつもの玩具で遊ぶ方が
楽しいようで
あっという間に脱走。
歌とか楽器とか大好きなはずなのに
あまり興味を示しませんでした。

それでも
聞き覚えのある歌などは
手拍子したり
前の方に出て行ったりしていました。

施設のある地域の方が
(娘さんとお孫さんが
遊びに来ています)
真っ赤な衣装と白いヒゲで
サンタクロースになって登場!
子どもたちに
施設の方が用意して下さった
プレゼントを
ひとりひとりに配って下さいました。

ちなみに
ママたちにも
白菜(!)とバナナのプレゼント♪
(早速お夕飯の食卓に登場しました。
白菜に包丁を入れると
「ばりんっ」という音がしました。)

息子には
まだ良く解らなかったようですが
みんなで歌って笑って
とても雰囲気の良いクリスマス会になりました。


今日の息子。
普段より一時間以上早起きしたせいで
昼食の後は
かなり眠そうにしていました。
ちょっと愚図って
遊び部屋の真ん中で眠ってしまったので
お昼寝部屋に移そうと抱き上げたら
目を覚まして泣き出してしまいました。

スタッフさんが
「ここで寝かせておいていいよ」と
言って下さったのですが
やはりちょっとお邪魔な感じなので
もう一度眠ったところで再チャレンジ。

・・・駄目でした。
抱き上げたらやはり目覚めてしまい
もうちっとも泣き止みません。
あーあ。
大失敗。
そのまま完全に目を覚ましてしまい
そしてそれが
その後最悪の事態に・・・。

お夕食の途中で
一瞬目を放した隙に
息子は椅子の上で熟睡・・・。
どうにかお薬は飲ませたものの
歯磨きも
お風呂も
着替えも出来ませんでした・・・。

現在の所
目を覚ます気配はありません。
さて
真夜中に起こされるか
早朝から騒ぎ出すか。

ドキドキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.19

夜中にパン作り

明日は
いつもの育児支援施設で
クリスマス会が開かれます。

普段わたしたちが行く時間よりも
ちょっと早くから始まってしまうので
明日の朝は
ゆっくりお弁当なんて作っていられません。

かといって
買ってばかりも何だかなぁ。

ということで
息子が寝付いてから
パンを作りました。

最近我が家のホームベーカリーでは
食パンしか作っていませんでした。
何しろ
息子に邪魔されて困ることは
息子が寝てからでないと出来ないし
食パンは
セットしてしまえば後は待つだけなのに対し
菓子パンは
生地が出来たらすぐ取り出すとか
○○分発酵させるとか
成形するとかで
ひと手間余計にかかるし。

その間に息子が悪戯をしたら
台無しになってしまうーと思い
避けていたので
いつ以来だか分からないくらい久し振りです。


出来ました♪

06121901

かぼちゃの種パン
くるみパン
うす甘納豆パンの三種類です。

くるみパンのひとつには
試しに
つぶつぶのお砂糖を
一緒に混ぜ込んでみました。
勿論これはママ用です。

残った生地で
茹でたさつまいもの輪切りを
そのまま包んだパンも作りました。
(写真なし。)
大人ならひと口・ふた口で食べられる
ミニサイズです。

息子のお昼(もしくはおやつ)用にと思い
さつまいもには
特に何もしませんでした。
今回はしなかったけれど
今度作る時は
さつまいも+お砂糖で
さつまいも餡を作っても良いかな。

手作りパンとクリスマス会。
明日がとっても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ばぁばちゃんが帰りました

先週末(16・17日)
義母が上京してきました。

2日目の17日は
早朝の息子の咳のこともあって
ちょっとゆっくりの起床。
それでも
予定通りに出掛けてきました。

まずは
随分前に義母が行ってみたいと
話していた「NHK」のスタジオパークへ。
到着してすぐに
わたしは例の「カレ」との
記念撮影の為に順番待ちで残り
義母・旦那さん・息子の三人で
見学に行ってもらいました。

30分ほど待って
(その前に三人は戻ってきていました)
「カレ」の登場。
長く待った甲斐がありました。

近過ぎて怖いかも。

普段テレビでは
うきゃーとか言いながら踊る息子も
いざ本番になると身動きひとつせず。
お隣の子はすっごく上手に踊っていたのにー。

最後になって
やっと楽しくなってきた様子の息子は
ちょこっとだけ前に出て
何やら喋っていました。
こういう場面で
子どもらしい反応を示してくれるのは
いつになるのやら・・・。

わんわんとの記念撮影には
義母に付き添ってもらい
わたしと旦那さんはカメラマンに。
撮影が終わった後の「ぐるぐるどかーん」は
義母には退屈だったかも知れませんが
孫の一番の楽しみ(?)なので。

それから
銀座に移動して
宝くじを買ったり
お土産を買ったり。
その間に息子が抱っこのまま
お昼寝しだしてしまったので
ちょっと早かったけれど
そこから羽田空港に向かいました。

実はこの頃には
昨晩の寝不足と体調不良が重なって
わたしはフラフラ。
あと少しで義母が帰ってしまうのだからと
言い聞かせてみても
なかなか身体が着いて行かず・・・。
モノレールの中では
半分夢の中でした。

羽田空港で残りのお土産を買い
義母は帰ってしまいました。
訳のわからない息子は
あちこち見ながら「ばいばいっばいばいっ」と
繰り返していました。
出発ゲートをくぐった義母は
こっそり涙を拭っていました。

・・・何だか
寂しくなっちゃいました。

距離的にも金額的にも
気楽に帰れる場所ではないと
割り切ってはいるものの
常にかまってもらえてご機嫌な様子の息子や
凄く楽しそうにしていた義母の姿を思うと
何だかすっきりしませんでした。

残念ながら
両実家と色々な意味で離れているので
息子がこんな風に
ひたすら可愛がられている姿を見て
「本来ならこうあるべきなのかなー」なんて
考えてしまう二日間でした。

お義母さん
今回はわざわざ来ていただけて
嬉しかったです。
そちらにうかがうと
どうしてもお義母さんは
家事に追われてしまうから
今回こんな風に息子(孫)にべったりする時間を
持っていただけて
わたしの方が嬉しかったです。

また写真送ります。
携帯電話を買って
メールが出来るようになったら
アドレス教えて下さいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.18

グレーのセーター

義母が来た時点で
残るは毛糸の端の処理だけだったので
どうにか時間を見つけて
完成させました。

06121603

結局
グレーを5玉と
白をひと玉使用しました。
約240グラムになります。

サイズは
来シーズンも着られるように
約100センチ(かなり適当)です。

脱ぎ着しやすいように
肩のところには
ボタンをつけました。
襟ぐりがちょっと大きくなってしまったので
下に着るものに合わせて
適当な場所をボタンホールにしています。

06121604

編んでいる時は
気になりませんでしたが
遠くから見ると
下は白
上はグレーという感じで
あまり模様が目立ちませんでした。

うーん。
まぁいいか。

早速着せてみたところ
息子は何故か号泣。
着てしまえば
何ともないのですが
顔を通す時に
毛糸が肌に触るのが
嫌なのかな?

汗っかきな息子なので
苦労して作った割に
出番は少なそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばぁばちゃんが来ました

先週末(16・17日)
義母が上京してきました。

前回会ったのは
五月の連休だったので
7ヶ月ぶりです。

16日は
旦那さんと息子が羽田まで迎えに行き
そのまま東京タワーへ。
地元のJRの駅まで
わたしが迎えに行き
そこで昼食をとりました。

夕食のお買い物にも付き合ってもらい
その後自宅に戻りました。

荷物を置いてひと息つく間もなく
義母のリクエストで「柴又」へ。
車で向かったのですが
思っていたよりも近くてびっくり。
帝釈天の近くの駐車場に車を停めて
あちこち歩いてきました。

ここで息子は
初めて「草団子」を食べました。
あんこは流石に甘すぎるだろうと思ったので
お団子の部分だけをふた口。
上手に噛んで飲み込んでくれるか
ちょっと緊張しながら見守りました。
気に入ったようで
わたしの分まで食べられてしまいそうでした。
(わたしの分は死守しました。)

隣のお店の人が
お茶を入れてくれたのも
息子は大人と同じようにごくごく。
(熱過ぎないように
冷めたものをわざわざ混ぜてくれました。)

暗くなってきたので
早々に切り上げて自宅に向かいました。

帰りしな
数日前がお誕生日だった義母の為に
小さなホールケーキをこっそり購入。

息子が寝付いてから
三人で食べました。

「昨日は嬉しくって
眠れなかった」と言って
義母は一足先に就寝。
わたしは明日に備えて
未完成のセーターを仕上げました。

狭い部屋で四人で眠ったのですが
明け方(多分4時くらいから)
息子がまた咳き込んでしまい
みんな目が覚めてしまいました。
あんまり苦しそうなので
義母と旦那さんには眠ってもらい
わたしはたて抱きのまま
(横に寝かせると咳が出てしまうので)
5時過ぎまで息子にお付き合い。

流石に寒くなってしまったので
息子が落ち着いた頃を見計らって
再び布団に入り
その後はみんなぐっすりでした。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.15

またですかぃ・・・

今日は事情があって
午前中から
息子の病院をハシゴ。

一つ目の病院は
完全予約制なので
待ち時間なしであっという間に終了。

あまりに時間が空いたので
室内の子どもの遊び場で
暫く時間を潰して・・・
のつもりが
息子がそこでの遊びにはまってしまって
予定より30分遅れで
次の病院(いつもの小児科)へ。

待合室には
数組の患者さん。
これなら30分くらいかなーと踏んで
お手洗いでオムツ替え。
息子は結構ご機嫌で
余裕で待てそうだなーと思っていたら
そこに落とし穴が。

汚れたオムツを片付けていると
そこに寄ってきた息子が
トイレのドアに指を挟んでしまい
そこから大号泣。

あぁぁぁ。

待合室でもぎゃぁぎゃぁと泣く息子。
するとそこに受付の方が来て
「外出している人も居るから
あと90分くらいは待つことになるけど
○○くん(←息子の名前)それまで
我慢できないよね?」。

ええ待てませんとも。
という訳で
診察券を預けておいて
午後の診察に回してもらい
しょんぼりと帰宅。

夕方
息子がお昼寝から覚めてすぐ出発。
小児科では
5分くらいで呼ばれ
お薬を沢山頂いて帰りました。

心配なのは
ここ数日
明け方になると出てしまう息子の咳。
ごほごほとむせるように咳をして
それが暫く続くのです。
嘔吐することもあるので
息子の咳が始まってしまうと
当然わたしも眠れません。

明日から上京する義母も
きっと起こしてしまうだろうなぁ。
お薬を飲んだ所で
簡単に治まるとも思えないし。

くぅーっ。

それにしても
どうして病院で泣き始めると
気持ちの切り替えが出来ないのでしょう。
他の患者さん(や付き添いの家族)の視線が
なぜか
いつも以上に気になってしまうのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.14

大掃除

ちょっと早めですが
(そんなこともない?)
現在
大掃除に奮闘しております。

というのも
今週末の土日
一泊の予定で
義母が上京するのです。

義母ひとりなので
この狭ーーい家に
無理やり泊まっていただくことになり
となると
リビングだけ繕って(!)おいても
駄目駄目。

うひゃー。
やりたいこと沢山あるのに
何にも手につきません。

息子がお昼寝してくれる
日中の二時間と
当日
旦那さんと息子が
空港まで義母を迎えに行っている間の
約3時間が勝負です。

・・・2LDKのうちの一部屋は
恐らく開かずの間になるでしょう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.12

念願のフッ素塗布

我が家の息子は
大体半年に一回ほど
近くの大学病院の小児歯科に
通っています。

今日の午後
久し振りに行って来ました。

目的は
定期検診と「フッ素塗布」です。

形状の変わった歯(「結節」といいます)が
虫歯になりやすいのと
節の部分が欠けたり
噛み合わせなどで痛みがあったりすると
大変なのと。

わたしが虫歯で苦労しているので
息子にはそんな思いをさせたくないし
「虫歯になりやすいです」と言われたら
必要以上に神経質になってしまう訳で
そんな中
息子への「フッ素塗布」は
念願だったのです。

まだ歯医者さんが何なのか
理解していない息子は
名前を呼ばれるとご機嫌で診察室に
入って行きました。
(勿論ママも一緒です。)
当然のような顔をして
ひとりでユニットに座ったのですが
ぐわーんと背もたれが倒れ始めると
何かを察したらしく
もう座っていられなくなり
それからは大変でした。

ママが抱っこしてユニットに座り
先生のヒザに息子の頭を乗せます。
衛生士さんが肩を
わたしが足と腕を押さえつけ
その状態で先生が
染め出し(ピンクになるやつ)
→うがい→歯磨き→うがい
→フッ素塗布→三分待つ→拭き取り
→スケーリング
として下さいましたが
その間息子は号泣しっぱなし。

汗をかくまで泣き
うがいのコップをひっくり返し
(ユニットも床もママの服も水浸し)
頑として口を開けず。
あーあ。
さっきまで
あんなにご機嫌だったのにー。

まあ
仕方ないです。
年に二回の小児歯科通いは
何より息子の為。
永久歯に生え変わるまでは
お付き合いが続きます。

治療さえ終わってしまえば
何故か気持ちの切り替えの早い息子。
散々やられた先生にも
笑顔で「ばいばーい」と手を振っていました。


息子の歯ですが
現在のところ
特に問題なしだそうです。
次回は
奥歯が生え揃う
来年夏頃の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.12.11

17本目だ!

今日
何かの拍子に
息子の奥歯が
萌え出始めているのを
発見しました。

というか
今日まで気付きませんでした。

左下の奥歯(5本目)が
4分の3くらい出ていました。
乳歯が16本になってから
久し振りの「仲間」の登場です。

他の歯も?と思い
息子に「見せてー」とお願いしましたが
そうなると意識して
口を開けてくれないので
それ以上は確認できず。

幸い
明日は
小児歯科へ行く予定なので
そこでみてもらいます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.12.10

叱れない・・・

昨日の土曜日は
旦那さんが居てくれたので
気持ちに余裕を持って
過ごすことが出来ました。

気分転換にと(ほんと?)
昼食にラーメンをご馳走してくれたり
お買い物に連れ出してくれたり。

で。
本日旦那さんは休日出勤。
スーツではなく
私服で出勤したのですが
支度をしている旦那さんを見て
息子は「お出掛けするんだ!」と
完全に勘違い。

扉が閉まった瞬間
「うぎゃぁ~~~っ!!」と
火がついたように泣き出してしまいました。

「パパお仕事だからね。
あとでママとお買い物に行こうね」と
いくらなだめても
玄関から離れようとしません。

仕方が無いので
息子をそのままにして
お洗濯物を干し始めると・・・。

隣の建物(我が家が住んでいるのと
同じ形のハイツです)の
とある部屋の玄関が「がばっ」と開き
そこの住人が部屋着のまま
じぃっとこちらを睨みつけていました。

いかにも
意味有りげに。

ああ。
この人か。

わたしは勿論
虐待なんてしていないし
いま息子が泣いているのだって
「パパが出掛けちゃって哀しい」という
息子の気持ちであって
やましいことなんて何にも無いし。
無性に腹が立ったので
そのまま堂々と作業を続けました。

のですが。

やっぱり駄目みたい。
息子に泣かれるのが怖くって
ちっとも叱れません。
玩具を乱暴に投げつけようが
つまみ食いをしようが
息子は自由気儘な殿様状態。
「こらっ」とひと言いえば
息子が引っくり返って泣くことは
火を見るより明らかなので
どうしてもどうしても
息子を叱れません。

うぅぅ。
こんなことで
育児なんて
躾なんて
出来るわけ無いじゃない。

二歳児って泣くでしょう?
転んだりしたって泣くでしょう?
悪いことすれば叱られて
それが嫌で泣くでしょう?

ああもう。
ほんとに嫌だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.08

通報

まだ気持ちの整理が
きちんとついていないので
支離滅裂な文章になりそうですが
こんなこと
滅多にあることではないので
感じたことそのまま
記しておきたいと思います。

お昼前
部屋の掃除をしていると
玄関チャイムが鳴りました。
出てみると
私服・制服の刑事(警察官)が三人。

先日近所で
騒音トラブルがらみで通報があったと
警察官が来たことがあったので
その件かな?と思い
後を追ってきた息子を抱いて
玄関先に出たところ・・・。

物凄くシンプルに言えば
「泣き声が聞こえたと通報があったけど
お宅で虐待していませんか?」ということ。
回りくどい言い方をしていましたが
つまりはそういう事でした。

今日の午前中
わたしが洗濯機を回している時
息子が落とした玩具を踏んだか何かで
泣きながらわたしの所に来ました。
「どこ痛いの?大丈夫だよ~」なんて
なだめたのですが
息子はなかなか泣き止みませんでした。
号泣する息子に過度に構うと
息子は更に泣いてしまうので
気持ちが落ち着くまでの数分間
思うように泣かせていました。

そのうち
落ちていた何か(お米だか野菜くずだか)を
「あったー」と言いながら
わたしの所へ持ってきて
食べさせようとしたので
「ありがとー。おいしーねー」と
食べたふりをしたら
息子のグズグズもおさまり
その後はご機嫌で過ごしていました。

どうやら
その時の泣き声を聞いて
近所の誰かが通報したようです。

刑事さんの質問に
「近所にも小さな子どもは
何人かいるけれど
確かに今日
うちの息子は泣きました。」と答えました。
「それ(通報されたのは)うちのことですね」と。

刑事さんは息子を見て
「ああ。これ(位の子ども)だったら泣くよねー」なんて
良く解らないフォローをし
でも
一緒にいた女性刑事さんの
疑わしそうな目つきに
・・・「大丈夫ですよー」みたいな
優しそうなふりをして
でもその目つきは明らかに
わたしと息子を観察していて・・・
「ああわたしは今
そういう風に見られているんだ」と
背筋が凍るような気持ちになりました。

「最近流行っているからねぇ」と
腕をぶんっと振り(殴る真似です)
「何か気付いたことがあれば
○○警察署までご連絡下さい」。

「ご苦労様です」と扉を閉め
さっきまでやっていた掃除の続きをし。
でも
時間が経つにつれて
心の中がチクチクざわざわして
どうしようもない気持ちになりました。

こんな日に限って息子は
テーブルの角に頭をぶつけて泣き
椅子から落ちて泣き・・・。
どうにか泣き止ませたくて
大好きなトマトやさつまいもを用意しても
キャーキャーという泣き声はおさまらず。

「この泣き声も
虐待だと思われているのかな」と思ったら
身体が震えて涙が止まりませんでした。
息子には昼食を食べさせ
その間に旦那さんに電話をし
暫く話を聞いてもらいました。
話しているうちに
息子の機嫌は治り
わたしも
とりあえず落ち着きました。

近所の誰だかわからないけれど
あそこの母親は虐待していると
思われているのですね。
ご近所付き合いもろくにないような
わたしと息子のことなんて
何にも知らない人が
「虐待を食い止めたわ」なんて
思っているのでしょうね。

確かにね。
最近のニュースでは
「もう少し早く行政が動いていれば」という
哀しい事件が続いているけれど。
確かにね。
「通報して
例えそれが間違いでも
大事の前の小事で済むんだから」って
思うけれども。

でも
解らないなりに
精一杯
育児に取り組んでいる(つもりの)
母親にとっては
胸をえぐられるくらいの
ショックがあるのです。
自信も無くなるし(もとから無いけれど)
子どもに泣かれると
心臓がバクバクするし
怖くて怖くて
ご近所の人の顔なんて
もう見られないかも知れないっていうくらい
大袈裟だよって言われるだろうけれど
それくらい傷つくのです。

夕方
たまたま電話をくれた友人に
事の顛末を聞いてもらいました。
彼女が本気で
「そんな有り得ないことを!」と
怒ってくれて
やっと
「解ってくれている人がいるんだから
大丈夫だ」と思えました。

泣くのだって愚図るのだって
これくらいの年齢なら
誰もが通る道なんじゃないの?
疑われるくらいなら
家に上がってもらって
息子の身体でもなんでも
調べてもらえばよかった。

言っておくけど
息子に手を出すくらいなら
わたしはまず
自分の身体を切りつけるよ。

あーあ。
思ったより
ダラダラと長い文章になってしまいました。
読んでいて
不愉快な思いをされた方がいらしたら
申し訳ありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.12.07

♪結んでひらいて

昨日(6日)はいつもの
育児支援施設へ。

ママ友さんのひとりが
子どもたちを集めて(というか
自然に集まっていました)
「♪結んでひらいて~♪」の
手遊びをしているのを
一緒に歌いながら見ていたら
普段そういう輪にあまり入らない息子が
ママ友さんの方に近寄っていきました。

様子を見ていると
他のお友だちに刺激されたのか
息子まで手遊びを始めました。
今まであまりやらない子だったので
みんなで「珍しいね~」なんて
話していました。

今日。
所用で車で外出したとき
帰りの車のなかでそれを思い出し
運転しながら「♪結んでひらいて」を
歌ってみました。

信号待ちで後ろを振り返ると
息子は両手を上にあげて
ひらひら(きらきら?)としていました。

昨日遊んだこと
ちゃんと覚えていたんだーと思ったら
何だかちょっと嬉しかったです。

それにしても
子どもの手遊びって可愛いですねー。
これからも
いろんなこと
覚えてくれたら嬉しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.04

ママッおかいり~

最近息子がよく口にするのが
「ママおかいり~(おかえり~)」という言葉。

実際には
外出したわたしを
息子が家にいて出迎えることなんて
ほっとんどありません。
一緒に外出して
玄関を入ると
「ママッおかいり~おかいり~~」。

「ただいまーじゃないの?」と言っても
「ママッおかいり~」と
嬉しそうに言っています。
なのでわたしも
「○○くん(←息子の名前)もおかえり~」と
答えます。
すると息子は「うんっ」。
「ただいま」はまだ難しいのかな?

今日
お昼寝から目覚めた息子は
ドタドタとリビングに来ると
「ママおかいり~」。

そういえば息子は
こちらが「おやすみー」と言えば
「ばいばい」と答えます。
行ってらっしゃいも「ばいばい」。
お出掛けするのも
ねんねするのも
同じような感覚なのかなぁ。

最近は
数字にも興味があるようで
今日も
玩具にしている計算機で遊んでいる時
『1』を押しながら「いっいっ」と
言っていました。
「じゃあ『2』はどれ?『3』は?」と
たずねると
それぞれ2と3のボタンを押しました。
まだ「に・さん」という言葉は
出てきませんが
何となく認識しているようです。

そういえば
先週息子は
2歳1か月になりました。

2歳までは寝て測っていた身長は
2歳からは立ったまま
(大人と同じように)測るようになりました。
先月(2歳になったとき)は82センチ
先週は83センチでした。

子どもの身長が1センチ伸びると
手の届く範囲がかなり広がるので
油断大敵です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.12.02

昇格!というか復帰!

電車を乗り継いで
贔屓のチームの最終戦である
アウェイ戦を観戦してきました。

開場前に到着すると
そこには「仲間」がたーーっくさん!
最高の雰囲気の中で
我がチームは最高の試合を
観せてくれました。

06120202

一年間
辛い中
本当に良く頑張ってくれました。
そんな選手達には
最高のご褒美(J1リーグ復帰)!
あんまり嬉しくって
涙が出ちゃいました。

一旦自宅に戻ってから
車で再び外出してきました。
ホームスタジアムでの
選手とサポーターの祝勝会です。
夜遅い時間にもかかわらず
沢山のサポーターが集まっていました。

普段なら
絶対に外出しない時間なので
流石の息子も疲れたのか
抱っこを要求したあと
そのまま眠ってしまいました。

試合会場でも
移動の電車の中でも
夜の祝勝会でも
良い子にしていてくれて有難う。
小さいけれど
キミは立派なサポーターだよ。

銀杏の黄色が目に沁みた
最高な休日でした。

06120203

余談。

帰りの電車の中で
チームの社長(!)と秘書さん?と
一緒になりました。
秘書さんと思われる方は
以前から
チームの関係者だということを
わたしがたまたま知っていたので
それを旦那さんに伝えると
「隣は社長じゃないの?」。

電車を降りるとき
我慢できずに声をかけると
気さくに答えて下さいました。
お互いに
「おめでとうございます。
今日はお疲れ様でした。
有難うございました。」を
何度言い合ったことか。

サポーターにとって
この結果は
「おめでとう」であって「ありがとう」なのです。

最後
その秘書らしき方に
「来年も一緒に頑張りましょう!」と
見たこともない笑顔で言われたのが
物凄く印象的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.01

予防接種(インフル二回目)

今日は息子の
インフルエンザの予防接種でした。

二週間前に一回目を接種したので
今日が二回目です。
子どもは二回打たないと
意味が無いのだとか。
同じ注射を二回もしないとならないなんて・・・。

午後一番に行くつもりだったのに
息子はお昼寝。
無理に起こすと機嫌が悪くなるので
自然に起きるまで待って出発。

そうそう
出掛けにも
夏から愛用していたサンダルと
最近新しく購入した靴を
並べておいておいたら
よりによってサンダルを選ぶ息子。
「今日はくっく(靴のこと)にしよ?」と
誘ってみても
「いやぁ~~~っ」と言われ・・・。
愚図られて
出かけられなくなる方が嫌だったので
息子の要求通り
サンダルをはかせました。

っておにいさん
もう12月なんですけどー?

病院では
検温で抱っこされ
腕を押さえつけられるのが
相当気に食わなかったようで
やはり泣かれてしまいました。
床に突っ伏して泣いているのでは
他の患者さんの迷惑になるので
洗面所に移動して
大きな鏡を見せたりしながら
どうにか機嫌を直してもらいました。

ああもうっ
病院通いって本当に憂鬱・・・。

いつもより患者さんが少なかったので
3~40分で名前を呼ばれ
無事に接種していただきました。

普段の診察では
顔色一つ変えない息子も
流石に何かを察したようで
腕をまくられ
アルコールで消毒をされる頃には
椅子から降りて逃げようとしていました。

注射針が刺さっている間は
ひゃぁぁーんっと泣いて
針が抜かれた途端に
先生に「ばいばいっ」
看護師さんにも「ばいばいっ」。

あんまり早く
診察室を出てしまったので
次の予防接種(DPT三回目の予定)を
何週あけたら受けられるのか
聞きそびれてしまいました。

ともあれ
これでインフルエンザに関しては
少し安心しました。
予防接種を受けたからといって
罹らないわけではないですが
可能性が減っただけでもいいかな。

一回3000円×二回=6000円。

安心料にしては
ちょーっとお高いですけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »