« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.31

買っちゃった!

とうとう買っちゃいました。

これから
わたしたち家族が
二十年・三十年と住む(と思われる)場所。

よって
お引っ越しも決定です!

7月9日(日)

初めてのモデルルーム見学。
下調べもなし
ローンに関しての勉強もゼロ
ただ
それまでの間に集めた
沢山の新聞の折込広告の中から
「ちょっと良いかも」と思ったモデルルームに
ふらりと寄ってきました。
何はともあれ
第一歩のつもりでした。

7月16日(日)

マンションを契約するにあたっての
説明会があるというので
ひとまず参加。
購入する・しないの意思とは別に
これを聞いておかないと
登録が出来ないというので
先週と同じく
勉強のつもりで行ってきました。

しかし
ものの5分でわたしは退散。
息子の機嫌がすこぶる悪く
他のお客さんに迷惑をかけてしまうので
難しいことは旦那さんに任せ
わたしは息子と周囲をお散歩。

2時間ほどしてやっと旦那さんが解放され
同じ頃に息子もお昼寝。
旦那さんもわたしも
それぞれくたくたになった一日でした。

7月18日(火)

今期の販売分の登録最終日。

登録すると抽選の対象となり
当選した場合は購入して下さいという
約束だったので
前日も夜中(明け方か)まで散々
旦那さんと話し合いました。

前日(月曜の夜)に
担当さんに倍率を聞いていたので
ちょっと低めのところに申し込むことに。

勿論平日なので旦那さんは出勤。
わたしと息子と二人で
締め切りぎりぎりのモデルルームへ
行きました。

18時。
抽選結果の電話が担当さんからあり
「今回は残念ながら・・・申し訳ありません。
今後同じような条件のお部屋が
ご紹介できるようであれば
ご連絡差し上げますので・・・。」

残念なような
ほっとしたような気持ちで
深呼吸したあと旦那さんにメール。
まぁ気持ちを切り替えて
また次の物件でも探しましょうと
思ったところに
再び担当さんから電話があり
「当選した方が辞退され
○○様(←我が家のこと)が次点ですので
購入の権利があるのですが
如何なさいますか?」。

って。
どーしよう。
やっ
買うよね?買おうよー!

というやり取りを旦那さんと電話でして
19時に正式に購入の意志を
担当さんに伝えました。

7月21日(金)

手付金を振り込み
いよいよ後戻り出来なくなりました。
(するつもりもありませんけれども。)

7月23日(日)

モデルルームに行き
正式に契約。
その後再びモデルルームを見ながら
オプションなどについて
ああでもないこうでもないと
旦那さんと検討会。
これは結構大変そうです。

7月30日(日)

今日もオプションなどについての
検討会。
今日は先方の担当の方がついて下さり
先週から思案していたものについて
詳しい説明を聞いたり
改めて現物を見たり。

購入を決めたお部屋は
モデルルームよりも狭いので
「いやっここはこんなにないよ」
「こうすると余計に狭く見えるんじゃないの?」と
慎重に冷静に考えるようにしました。

締め切りは約一ヵ月後。
だいぶ固まってきたとはいえ
後付け出来ないものも多いので
簡単には結論が出せません。
オサイフとも相談しないとなりませんからね。


・・・こんな感じで
マンション購入の為に実際に動いてから
実質二週間弱で
購入を決定しちゃいました。
きっとここに「ご縁」があったということでしょう。

ひゃー。
新しい生活に
夢は膨らむ一方です。

で。
お引っ越しの時期ですが。
えっと
来年の秋頃になるかと・・・。

だって
マンションの予定地には
まだ
なーんにも
出来ていないのですものっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.29

ヨコシマパンツ

久し振りに
息子のパンツを作りました。

06072801

サイズは90センチ。
型紙では「7分丈パンツ」に
なっていましたが
身長81センチの息子がはくと
普通に長ズボンだったりします。

この生地も
手芸屋さんですっごく気に入ったもの。
で。
いざ裁断してもらう段階になって
「あっ縦縞じゃなくて横縞だった・・・」。
本当は縦縞のパンツを作りたかったのですが
それを差し引いても
この生地が気に入ったので
そのまま購入してきました。

写真は後ろから撮ったものです。
おしりのポケットが見えるように
わざとTシャツを中に入れています。
(普段は出しています。)

ママ友さんに
「ちゃんとポケットの柄まで
合わせてあってすごいねー」と
褒めてもらったのですが
実は単なる偶然で
わたしの中では
ポケットの存在感を出そうと
わざとバラバラにしたつもりだったのが
いざ取り付けてみると
何だか合わせたようになっただけなのでした。

かなり薄手な生地で
さらっとしているので
夏にはぴったりかな。
お外遊びの時に虫に刺されないよう
長いものを着せたかったので
このパンツは活躍しそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.28

あわや脱水状態に!

1歳9か月になった
我が家の腕白くん。

身長 81.0センチ
体重 12.0キロ

緩やかながら
やはり成長しています。
大人と同じくらいの量の食事を
ぺろりと平らげてしまう様子を見れば
誰しも納得といった感じでしょうか。

そんな息子。
今朝はちょっとびっくりでした。

わたしが目を覚ますと
先に目覚めていた息子が
とてとて・・・と歩み寄り
わたしにもたれかかるようにして
再び横になりました。
まだ眠り足りなかったのかな?と
思ったのですが
何だかいつもと様子が違います。

なんだ?
・・・すっごい汗!!

髪もパジャマもびしょぬれ。
顔には汗が流れ落ち
腕にも肩にも玉のような汗が。
慌てて旦那さんを呼び
熱を計ってみましたが
体温は平熱でした。

それでも息子はぐったりしていて
自分で立とうとも
座ろうともしません。

何かの病気?
悪い病気の前触れ?

こんな息子はみたことがありません。
ひとまずコップに麦茶を注ぎ
息子に飲ませました。
旦那さんが「イオン飲料ないの?」と言ったので
買い置きしておいたパックのイオン飲料を
ひとパック飲ませました。

だんだんと落ち着いてきた息子。
少しずつ表情も戻り
朝食はいつもどおりに食べました。
その後は
お昼くらいまで様子をみて
大丈夫そうだったので
ママ友さんたちと
近くの公園でちょっと遊んできました。

昨晩は
確かに寝苦しかったけれど
暑さで目が覚めるほどではなく
息子もパジャマ一枚を着ているだけで
タオルケットなどに包まっていた訳でも
なかったので
ちょっとびっくりしてしまいました。

これから先
もっと寝苦しい夜もあることでしょうから
何か対策を考えようと思います。

それにしても
大事にならずに済んで良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.27

1歳9か月になりました

我が家のワンパク坊主は
今日で1歳9か月です。

身長・体重は
後日改めて測定してきます。

この一ヶ月で
すっかり「小走り」が
板につきました。
先日ママ友さんに
「足音聞いても○○くん(←息子の名前)だと
気付かなかったー」と言われたくらいです。
その場駆け足も大得意。
嬉しいことや楽しいことがあると
きゃーなんて言いながら
どたどたやっています。

手を
身体の前で「ぐるぐる」とします。
でも何故か指先だけでちまちまっ。
ぐるぐるというよりはちょこちょこといった感じかな。

食事はもう殆ど自分で食べています。
うっかり手伝おうとすると
一気に不機嫌になることがあるので
安易に手出しはできません。
コップの麦茶を
別の器に移して飲むのがブームなようで
ママは後片付けが大変です。

パパ・ママを呼ぶ回数が増えました。
何でもかんでも「あぃーっち!」と言いながら
手(指)を掴んで引っ張っていきます。
時間も場所もお構いなしです。
ひとり遊びはあまりお好きではないようです。

「パパ」と「ママ」は理解した様子。
息子に「パパ探しに行こうよ」と言うと
「パパーパァパー」と声に出しながら探します。
「ママ」に関しても同じような感じです。

某教育番組のオープニングに合わせて
「にゃいにゃい(=いないいない)・・・ばぁぁ」と
歌えるようになりました。
絵本を読むときも「にゃいにゃい・・・ばぁぁ」。
息子は余程「いないいないばぁ」が
好きなようです。

発熱・咳・鼻水と
どうしても小児科と縁が切れません。
でもその合間に
お友達と公園の川で遊んだり
家族で一泊旅行に行ったり。
本当はそれ以外にも
マメにお外で遊びたいのですけれどもね。

積み木遊びは相変わらず大好きで
早朝積み木も当たり前。
必ず「一緒に」遊ばないとならないので
ママ・パパも結構大変です。

えーと。
他にも何かあったかな?
思い出したら後でこっそり追記します。

なにより
早く体調が戻りますように。
すっきり治して
もっと沢山お友達と遊ぼうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドタキャンのせい?

今朝突然旦那さんが
「今日は仕事休む」と言い出し
じゃあ折角だから
どこかへお出掛けしようかと
いうことになりました。

支度を済ませ
あとは息子のおむつ替えだけ。
旦那さんは車に行って
一本電話してくると言い
先に家を出たのですが。

少し経って戻ってきた旦那さんが
「会社行くことにした」と。
急な仕事だから仕方ないけれど
ちょっと残念。
まあ
日を改めて行けばいっか。

と思ったのは
わたしだけだったようです。

ママバッグの準備をしている
わたしを見て
息子はすっかり外出気分に
なっていたようで
旦那さんが出勤し
わたしが家事を再開すると
急にグズグズ言い出しました。
お昼寝かな?と思い
お布団を敷いて寝かせると
今度はぎゃぁーんと声を上げて号泣。

この時はどうにか寝かしつけましたが
結局今日一日中
息子のご機嫌が治ることは
ありませんでした。
お買い物やお散歩に行っている間は
きゃっきゃと声を上げて笑っているのに
自宅に戻って暫くすると
またグズグズモードに。

まだ1歳9か月の息子に
ドタキャンなんて
分かるとは思えませんが
それでも小さいなりに
「パパとお出掛けのはずが
パパだけ行っちゃった」とでも
感じたのでしょうか。

こういうことって
子どもがもう少し大きくなったら
もっと収拾がつかなくなったり
するのだろうなぁ。

そんな我が家の息子は
今日で1歳9か月になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.26

雨が上がって

実はここ数日
体調不良に悩まされていました。
特に嫌だったのが偏頭痛。
目をぎゅっと閉じ
顔をしかめて
どうにかやり過ごしていました。

本調子でない為
お友達と遊べない息子とべったり。
雨続きで
お洗濯物は溜まる一方。
考えなくてはならないことが沢山。
どうにも気分転換が出来ず
調子の悪さは溜まる一方・・・。

書き記したいこともあったのに
パソコンの前に座っても
一文字も打てなくて
何日も経ってしまいました。

で。
今日は久し振りの晴天!
息子も絶好調!
朝から身体を動かしたせいか
今日一日で
嫌な気分も吹き飛んだ感じです。

今朝は
何故だか6時に目覚めた息子。
「あぃーっち!」と言いながら
目覚めの積み木遊びに付き合いました。
でもね。
ママはもうちょっと寝ていたいのよー。
何度か寝室に逃げ込みましたが
その度に強引に連れ戻され
最終的には諦めて食事作りを始めました。
(いま思うと
それが良かったのかなー。)

一通りの家事を済ませた後で
久し振りにママ友さんにメール。
約二週間前に息子が体調を崩したとき
「治ったらまた誘うから教えてね」と
言ってくれていたので
「治ったから遊んでー(一部省略)」と送信。
お昼前に
いつもの「育児支援施設(一日三百円)」に
集合となりました。

自宅以外&パパママ以外と遊ぶのは
約二週間ぶりです。
室内をどたどた走り
お友達と玩具を取り合い
息子はお昼寝する間も惜しんで
遊んでいました。
そこでも息子の「あぃーっち!」は
相変わらずでしたが
常にべったりな自宅と違い
他のママさんやスタッフさんに
遊んでもらったりしていたので
幾分楽でした。

わたしも
最近悩んでいたことを
スタッフさんとゆっくり話すことができ
(しかもわたしのやり方に
同意していただけたので)
随分すっきりしました。

ああやっぱり
外に出なくっちゃ駄目だなーと
しみじみ感じた次第です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.20

あぃーっち!

二ヶ月ぶりに
息子の髪を切りました。

襟足をちょっと短くちょきちょき。
前髪や後頭部の上の方は
暑苦しくない程度に。
息子は髪が多いので
ちょっと切っただけでも
かなりの量の髪が下に落ちます。

梳きバサミを使い
必要以上(?)にちょきちょきしていると
髪を切る音が心地良いのか
息子はこっくりこっくりと
居眠りを始めました。

丁度はさみを入れた瞬間に
息子の頭ががくっとなり
一ヶ所ちょびっとだけ
切り過ぎてしまいました。
あちゃーゴメンよ。

ここ最近
息子は
自分の意思を伝えたいとき
わたしや旦那さんの手を引っ張って
その場所に連れて行くのですが
その際に決まって
「あぃーっち!あぃーっち!!」と
言うようになりました。

この本を読んで→あぃーっち!
もう一回読んで→あぃーっち!
積み木で遊ぼう→あぃーっち!
早くご飯が食べたい→あぃーっち!

行動(どこへ連れて行くか)と言葉を
二つ合わせて
息子は気持ちを伝えてきます。
こうやって段々と
意思の疎通が図れるように
なっていくのですね。

ああ何だか
とっても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.19

ご対面の話

日曜日のことですが。

先週第二子を出産したTちゃんと
あかんぼちゃんに
ちょっとだけ会ってきました。

わたしの都合と
Tちゃんの予定が合ったのは
なんと夜の8時。
面会時間は9時までですが
旦那さんと息子をロビーで
待たせていたので
(息子がハナタレなので
新生児ちゃんに会わせる訳には
いきませんからねー)
あっという間の対面でした。

わたしがお邪魔している間
殆どネンネしていたあかんぼちゃん。
TちゃんとTちゃんの旦那さまとわたしで
大声で喋っていても
ちっとも起きません。
お顔を見たいなーとは思うけれど
抱き上げて起こしてしまうのも可哀想。

残念だけれど
今度お家にお邪魔したときに
抱っこさせてねーと言って
荷物を持った途端
あかんぼちゃんが泣き出し
Tちゃんが折角だからと
抱っこさせてくれました。

ぅわーかわいーっ!
新生児独特の肌の感じとか
腕の中にすっぽり納まってしまう
小ささとかが
すっごく懐かしかったです。
息子を育てている成果か
抱き上げた途端に
あかんぼちゃんが泣き止んでくれて
ちょっと嬉しかったです。

昨日退院したTちゃんとあかんぼちゃん。
また今度
ゆーっくりお顔を見せてね。
それから
出産当日の話も
もっと沢山聞かせてね。

旦那さまとKくんと
ご家族四人。
ますますお幸せに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抜糸は痛くない?

今日は愛犬の抜糸の日。

お腹の絆創膏は
5日ほどで取れると
聞いていたものの
結局今日まで取れませんでした。
(何だか痛そうで
剥がしてあげることも
出来なかったのです。)

動物病院に着くと
先生はすぐに
愛犬のお腹から
大きな絆創膏をべりっ。
一回では剥がれなくて
愛犬はキャンっ。
二回目で無事に剥がれました。

傷はきれいに治っていました。
ただ
絆創膏がくっついていた場所が
真っ赤にかぶれてしまっていて
先生がお薬をつけて下さいました。

抜糸(三針縫いました)のとき
先生が
「抜糸は痛くないですからねー」と
おっしゃいましたが
わたしは息子を産んだ時の事を
思い出していました。

いやいや。
抜糸の違和感というか
・・・痛みというよりは気持ち悪さって
何だかぞっとするのですよね。
愛犬もあれを味わったのかしらんと
ちょっと同情してしまいました。

これで
愛犬の
一連の病院通いはひとまず終了。
来年のフィラリア予防まで
お世話になることのないよう
元気に過ごして下さいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.18

残るは咳と鼻水です

この連休は
なんだかんだで
慌しく過ごしていました。

というか
平日でも
何だか慌しいのですけれども。

息子の熱は
15日には下がりました。
ちょっと強いお薬を
処方されていて
それを飲んでいる間は治まっていた
咳と鼻水も
お薬が終わると
ちょびっとだけぶり返しましたが
今日小児科を受診したら
もう少しかかるけれど
弱いお薬で治まるでしょうとのことでした。

息子の咳は
風邪ではないそうです。
気管支がちょっと弱いのかな?
お友達にはうつらないけれど
お友達と遊ぶと
息子が安静に出来ないので
もう暫くは遊びに行かれなそうです。
(今日の受診の際
先生に「まぁ無理だとは思いますが
出来るだけ安静にしていて下さいね」と言われ
先生も看護師さんもわたしも
ぷっと吹いてしまいました。
それはほんとに無理だよねー。
うふふ。)

最近になって息子は
歌を歌うようになりました。
某教育番組のオープニングの曲です。

「・・・にゃいにゃい・・・にゃいにゃい・・・
にゃいにゃい・・・・・・・・・ばぁぁぁ」
(にゃいにゃい=いないいない)

初めて聞いたときは
びっくりしました。
つぶやくようなささやくような
そんなさり気ない声で歌う息子。
あー面白い。

そうそう。
どうやら
「魔の二歳児」に向けて
着実に「我」を通すようになってきた息子。
先日(日曜日だったかな)も
ショッピングモールで
「エレベーターに乗りたい!」
「エスカレーターで遊びたい!」
「あっちに行きたい!」
「あんよがしたい!」と
まるで自宅のリビングのように
ゴロゴロと転がりながら
駄々っ子になっていました。

それなりに体重もあるし
遠慮なく暴れるので
どう頑張っても抱えきないので
そんな時は
他の方の迷惑にならないように
気を付けつつ
転がしておくしかありませんでした。

あーあ。
先が思いやられます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.14

熱が下がればなぁ

一昨日から
体調を崩した息子。

昨日は日中
37℃前半で落ち着いていたのに
夜になって39℃まで
あがってしまいました。
お薬のお蔭で
咳は幾分治まっていて
昨晩もそのまま眠りそうだったので
熱冷ましの座薬は使わずに
寝かし付けました。

今朝3時ごろ(かな?)
すっごい汗をかいていたので
パジャマを着替えさせました。

午前4時ごろ
再び息子の気配で目を覚ますと
水分を沢山摂っていたせいか
おむつから洪水が・・・。
上から下から全て着替えさせ
水分補給に麦茶を飲ませると
ちょっと目が覚めてしまったようで
何やらおしゃべりを始めました。

暫くは付き合っていましたが
わたしの体調もイマイチなので
最後には横になったまま
相手をしていると
息子もいつの間にか眠っていました。

今朝
目が覚めてから検温すると
38.9℃。
あんなに汗をかいたのに
ちっとも下がっていません。
今日も小児科を受診することに
なっていたので
午前中に連れて行ってきました。

今回の風邪。
熱はもう少し続くそうです。
でも
昨日と比べると元気なので
座薬は使わなくて済みそうです。

今日の夜には
37℃まで下がったので
二日ぶりに
シャワーを使うことが出来ました。

このまま熱が下がればなぁ。
辛そうにしている息子が
なんとも不憫です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひゃーおめでとう♪

今日の午後
友人Tちゃんが
二人目のあかんぼちゃんを
出産しました♪

ひゃっほう♪
おめでとう♪

Tちゃんの長男Kくんは
息子と同じ歳(4か月お兄ちゃんですが)。
あかんぼちゃんは
男の子でしたから
二歳違いの弟くんになります。

実は妊娠中期から
いろいろとあって
長い時間
安静生活を強いられてきたTちゃん。
安静生活って
案外辛いものだということを
体験している身としては
兎に角無事に
時間が過ぎることだけを
願ってきました。

数日前まで
逆子ちゃんだったあかんぼちゃんが
どんな風にこの世に誕生したのか
そういう話は
また今度
ゆっくり聞かせてもらうとして。

Tちゃん
本当におめでとう♪
男の子ふたりのママになって
ますます体力つけないとねっ。
とはいえ
短いようで長かった
今回の妊娠生活が
やっと終わったのだから
床上げまでは自分の身体を大切に
ゆっくり休んでね。

近々
会いに行くよ~~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛犬手術&息子発熱

7月12日。

突然ですが
愛犬が手術を受けました。
先週
フィラリア予防で
動物病院を訪れた際
先生と相談していたのです。

愛犬が受けたのは
去勢手術と歯石除去。
これから先も
繁殖の予定が無いことと
ちょっと「キレ」やすい愛犬と
わたしたちの関係が
こじれてしまう前に
どうにかしようと思っていて
先生にその話をすると
「本能を抑えるのは
この子(愛犬のこと)にとっても
悪いことじゃないから」と
言っていただけたので
思い切って決行しました。

歯石除去についても
少し前から気になっていたので
何度も麻酔をするよりは・・・と思い
お願いしました。

12時までに愛犬を動物病院に預け
16時過ぎに引き取りとなりました。
車で一時間ほどかかるので
愛犬を預けている間は
息子とゆっくりお買い物にでも行こうと
昨日から予定していたのですが・・・。

むむむ。

愛犬を預けた辺りから
息子の様子が変。
急遽親戚の家にお邪魔し
少し休ませてもらったのですが
検温すると38.2℃。
あああ
また熱出ちゃった・・・。

急いで自宅方面へとんぼ返り。
午後一番で掛かり付けの小児科へ
息子を連れて行きました。
診察とお薬が済んだ時点で
愛犬のお迎えの時間。
診察後すぐに飲んだお薬のお蔭か
ベビーシートの息子は
ぐっすり眠っていたので
そのまま愛犬をお迎えに行きました。

往復二時間を二往復。
実は数日前から
わたしも調子が悪く
ちょっときつい一日でした。

色々なことが重なってしまうときって
こんなふうなのですよね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.13

許せないっ!!

またやられました。

約一ヶ月前
母の形見の鉢植えが
玄関先から盗まれ
今度は家の裏から
ベコニアの鉢植えが盗まれました。

信じられない。
どうして
そういうことを
平気で出来るの?

鉢植えのお花を
外に出すことすら出来ないのでしょうか。
恐ろしくて目眩がしました。
残された三鉢のうち
小さなものはすぐに家の中へ入れ
大きなもの(近いうちに
家の中に入れることにします)は
ワイヤーで物干し台に固定しました。

犯人はどんな顔をして
洗濯物の奥にあるベコニアを
持ち去ったのか。
いつの間に?
なんて気持ちの悪い・・・。

この住まいにいる間は
もう鉢植えは増やしません。
現在育てている数鉢は
一鉢を除いて
母が生きていた頃から
育ててきたもの。
もうこれ以上
心無い人間の犠牲には
したくありません。

ああ
もう嫌だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会釈とバイバイ

7月10日。

ママ友さんたちと
育児支援施設(一日三百円)に
遊びに行ってきました。

この日は何故か少人数。
多いときの半分くらいでした。
しかも
殆どが既に顔なじみのお友達ばかりで
息子の名前を呼んで
かまってくれたりして(ママさんがです)
とても気楽な雰囲気でした。

時間ぎりぎりまで遊んで
それぞれ帰宅するときのこと。

ママ友さんではないママさんたちとは
「じゃあお先にー」
「お疲れさまー」なんて言いながら
会釈をして別れるのですが
今日は会釈のあと
不意に「バイバイ」と手を振り合いました。

何だろう。
急に「お友達」になれた気分で
すっごく嬉しくなっちゃいました。
次に会ったときは
もっと楽しくお話が出来るかな。

帰りしな
いつも行くスーパーへ。
お買い物をしていると
さっきまで一緒に遊んでいた
お友達とママさんに
ばったり会いました。
(さっきバイバイしたママさんとは
別の人です。)

こんな風に
外でばったり会えたのは初めて。
その場で少しお話して
「それじゃあまたね~」。

次に会ったとき
やっぱり今までよりも
ちょっと沢山
ちょっと仲良く
お話が出来そうな気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

命日とモデルルーム

7月9日。

この日は母の命日でした。

久し振りに実家に寄ったものの
実家には誰もおらず。
お花とお線香を持って
近くのお寺に行きました。

以前来たのはいつだったかな。
今年は息子も
自分の足でお墓まであんよしました。

お花屋さんで聞いたとおり
(父が買いに行ったそうです)
お墓にはお花がいっぱいでした。
お線香もまだ煙を上げていて
恐らく数分前に
母の友人か誰かが
来てくれたようでした。

あの日以来
7月9日は兎に角暑いという
イメージが焼きついているのですが
今年は何だか涼しい一日でした。
きっと何年経っても
ああ
あの時は暑かったなぁなんて
思い出すものなのでしょうね。

で。
帰りしな
生まれて初めて
「モデルルーム」なんぞに
足を運んでみました。

引っ越ししたい!なんて
言っているだけでは
何も始まらないので
ひとまずスタートを切ってみようかと。

ただ眺めるだけではないのですね。
結構長時間もかかったし
解らないことだらけで
わたしも旦那さんも
へとへとになってしまいました。

モデルルームを見ている間は
一緒にいた息子は
説明を聞いている間は
キッズルームで遊んでいました。
お絵かき・テレビ・積み木(スポンジ?)などなど
随分楽しく過ごしたようです。

それにしても。
何から始めてよいのやら。
勉強不足を実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.07

初めての水遊び

昨年の夏に
お友達のお宅で
プール遊びをさせてもらったことは
ありますが
プールやお風呂以外で
今日初めて
水遊びをしました。

時々遊びに行く
近くの大きな公園には
水が流れている場所が沢山あって
浅いところでは水遊びが出来ます。
まだまだあんよが覚束なかったのと
ママの覚悟(!)ができていなかったのとで
今までは水に近づくことすら
ありませんでした。

でも今日はとっても暑い!
しかも
お友達みーんな
お水に入る気満々!
これはもう
避けては通れない道でしょう・・・。

いつもより
おむつも着替えも多めに用意し
覚悟を決めて
息子を放流しました。

06070701

普通のおむつ+ロンパース下着+Tシャツです。
ズボンは最初から脱がせちゃいました。

初めてのことに
最初はちょっと戸惑っていた息子。
お友達がばしゃばしゃ歩くのを見て
恐る恐る水の中を歩き始めました。
慣れてくると
もともと大好きな水遊びですから
服が濡れることなどお構いなしに
お水をすくったり
こぼしたりを
延々と繰り返して遊んでいました。

暫くの間
お水の中にいた息子。
流石に冷えてきているだろうなぁと
抱き上げてお水から出すと
「下ろしてー!まだ遊ぶのーっ!」とでも
言いたそうな顔で号泣。
「ひとまずお着替えして
おやつのパンを食べようね」と
説得しても
聞く耳持ちません。

結局は「パン」に釣られて
着替えまでは出来たのですが
一度覚えてしまった「水場」に
まだまだ未練たっぷりで
その後は外では珍しく
きかん坊全開でした。

お水に入るのを阻止されて「うぎゃー!」
立ち入り禁止の場所にある階段で
遊べなくて「うわぁーん!」
脱走しようと(?)坂道を走り
転んで「びぇーーーんっ!」。
抱っこ&おやつの小魚で
どうにかなだめましたが
こちらの方がへとへとになってしまいました。

次回は
更に覚悟を決めて
お水遊びをさせようと思います。

今日のママの会は
比較的早い時間に解散したので
その足で
いつもの小児科に行ってきました。
そろそろお薬を止められることかと
期待していたのですが
身体に発疹(あせもだと思っていたのに
違っていました)があるので
もう二週間飲み続けることになってしまいました。

長いなー。
ほんと
そろそろ
抜け出せると思ったんだけどなー・・・。

そうそう。
今夜は七夕。
いつも遊びに行くところで
笹を分けていただいたので
自宅で飾りを作ってみました。
短冊は息子作。
何をお願いしたのかは
息子にしか解りません。
(息子にも解らないかもー。)

06070702

気に入ってくれたようで
寝る直前まで
「取ってー」とせがまれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.06

右手に愛犬左手に息子

例年よりも
ちょっと遅くなりましたが
今日は愛犬の
フィラリア予防のお薬をいただきに
実家近くの動物病院へ
行ってきました。

昨年は
旦那さんに息子を預け
自宅近くの病院に行ったのですが
そこの医師の態度に
物凄い嫌な思いをさせられたので
今年はちょっと大変ですが
車で一時間ほどかけて
息子と愛犬と三人で
(二人と一匹で)行ってきました。

検査の結果は大丈夫。
室内犬なので
それ程心配はしていませんが
それでも「大丈夫」と言われると
毎年ほっとします。

それから
少し前から愛犬の右目が
結膜炎のようになっていたので
それも診て頂きました。
どうやら我が家の愛犬は
「ドライアイ」のようで
その為炎症がおきているのだとか。

飲み薬と目薬で
3日ほどで治るそうです。

狭い病院内で
ベビーカーは邪魔になるだろうと思い
息子と愛犬を
それぞれ抱っこしていたのですが
合計約15キロ・・・
最後には
腕がぷるぷるしてしまいました。

愛犬の治療中
息子は目新しい病院内に
興味津々の様子。
ちょっと下ろすとすぐに何かを
悪戯しに行こうとするので
結局最後まで抱っこしていました。
(その間愛犬は治療台の上です。)

はぁぁ疲れたー。
でも
無事に済んで良かったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.05

ばたんきゅぅぅぅ

やっと
お友達と遊べるまでに
回復した息子。

昨日・今日と
遊びまくっています。

昨日は
午前中は
地域の児童館(常設ではない)で遊び
午後はママ友さんのお宅へ。
暫くすると子ども達が
「お外で遊びたい」と愚図り始めたので
日差しを気にしつつ
近所の公園に移動しました。

公園では
今まではベビーカーで移動していた場所も
息子は自分であんよ。
駐車場だけは危ないので
抱っこで移動することにしていますが
坂道も段差も
時々わたしの手を握るくらいで
難なくこなしました。

滑り台やお砂場遊びをしていると
ぱらぱらと雨が降ってきたので
急いで退散。
電気屋さん→自宅(お洗濯物を取り込むため)
→ドラッグストア→自宅
と移動し
帰宅後は急いでお夕食。

その頃から息子が
ちょっとした隙に横になっていたので
大急ぎでお風呂に入れると
お風呂上りのおむつ姿のまま
ぐっすり眠ってしまいました。

今日も午前中から
(正確にはお昼前から)
ママ友さんたちと
いつもの子育て支援の施設(一日三百円)に
行ってきました。

少し遊んで
お昼を食べて
沢山遊んで
おやつを食べて・・・
いつもならこの辺りで
お昼寝タイムに入るのですが
息子は楽しくて仕方ない様子。
結局解散の時間まで
ずうっと遊んでいました。

帰りの車で
一瞬眠りかけましたが
スーパーに到着して覚醒。
自宅に戻ってからは
「この時間からお昼寝されちゃうと
夜寝てくれない」と思い
急いでお夕飯の支度をしつつ
息子に声をかけ
夕食→お風呂を済ませると
昨日と同様
おむつ姿で寝入ってしまいました。

わーい。

寝かしつけは
時には何時間もかかってしまう
結構な大仕事です。
それが無い夜は
自分の時間がゆっくり取れて
気持ちの余裕が出来たりします。

今日は特に
朝4時に旦那さんと起きだして
サッカーを観ていたので
いつも以上に嬉しかったりします。

まあその分
日中息子に付きっ切りで遊ぶので
一日平均すると
結局同じなのですけれどもね。
うふふ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.04

鴨川旅行・二日目

7月2日
鴨川旅行二日目。

朝一番に目が覚めたので
眠り込む旦那さんと息子を置いて
ひとりでお散歩してこようかな~と
こっそり支度をしていたら
あと一歩のところで
息子に気付かれてしまいました。

息子の話し声と
カーテンから差し込む光で
旦那さんもお目覚め。
ささっと朝食を済ませ
三人でちょこっとお散歩に出ることにしました。

昨晩の夕食同様
朝食もバイキング形式。
手作り豆腐など
息子にも安心して
食べさせられるものが
沢山ありました。

朝食後は
ホテルの前の海岸へ下りました。
昨日以上に強い風に
息子は完全に退いてしまい
旦那さんから離れませんでした。

10時前にホテルをチェックアウトし
再び鴨川シーワールドへ。
するとシャチのいるオーシャンスタジアムから
水飛沫のあがる音と歓声が聞こえたので
そのまま観覧席に座りました。
昨日よりも後ろ(高い場所)に座ったので
また違った雰囲気で楽しめました。
息子は一度も愚図ることなく
何やらお喋りしながら
拍手をしていました。

お目当てのイルカのショーまでは
だいぶ時間があったので
熱帯魚のいる場所やお土産屋さんを見て
園内をてくてく歩いていました。

06070202

イルカのパフォーマンスも
スピード感があって楽しかったです。
息子も
シャチの時のように怖がることなく
じぃっと見入っていました。

おやつを食べていると
ペリカンのお散歩タイムになり
椅子に座る息子の真後ろを
数羽のペリカンがトコトコ。
息子に「後ろ後ろっ!」と教えると
振り返った息子は一瞬固まり
でも次の瞬間には
何事も無かったかのように
おやつ(味付けされている
おこちゃま用の小魚です)を
ぽりぽり食べていました。
これにはわたしも旦那さんも大笑い。

ペリカンたちが
柵を越えて歩いていることを
少しも不思議だと思わないのでしょうね。

06070204

その後も
園内を沢山歩き
お土産を買い
他の動物たちを見て
お昼過ぎに鴨川を後にしました。

06070205

カメラを向けたら
近寄ってきて
こんな表情を見せてくれました。

帰りは
前日とはルートを変え
別の道を通ってきました。
途中
ちょっと見知った町で
美味しいお寿司を食べ
19時の愛犬のお迎えに
(ペットホテルに預けて行きました)
余裕で間に合う時間に
帰ってくることが出来ました。

今回の旅行で行った場所は
わたしが子どもの頃に
家族で旅行した場所と重なります。
勿論
覚えていない場所も多いし
アルバムの写真で
記憶を繋いでいる部分もありますが
それでも
母との思い出のある場所に
旦那さんと息子と一緒に
足を運ぶことが出来て
何だか不思議な気分でした。

それから。
この2日間
息子は一度もベビーカーに乗らず
殆どを自分の足で歩きました。
抱っこされた場面も
息子が抱っこをせがんだというより
危ないからとか
時間が無いからという理由で
抱き上げられただけでした。

食事も
ちょっと気をつけてあげれば
大体どこででも済ませられるし
どうしようもなく愚図ることも
一度もありませんでした。

久し振りに
家族三人でべったり過ごせたのも
凄く良かったです。
一泊二日の短い旅行でしたか
本当に本当に楽しく過ごせました。

次はどこへ行こうかな。
その時は今回のように
二日前に予約するのではなく
もうちょっと色々と
計画を立てたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.03

鴨川旅行・一日目

7月1日・2日と
千葉・鴨川へ
久し振りの家族旅行に
行ってきました。

06070101

アクアラインの海ほたるで休憩し
再び出発する頃に
少しだけ雨が降りましたが
それ以降は帰宅するまで
どうにかお天気にも恵まれました。

鴨川に到着しホテルにチェックイン。
それから急いで
隣接する「鴨川シーワールド」に行きました。

ちなみに
今回利用したのは
「鴨川シーワールドホテル」です。
滞在中は
シーワールドへの入場が自由で
専用の出入り口から出入りできます。

一番のお目当てはシャチのショー。
ぎりぎりでしたが
この日最後のショーに間に合いました。

06070102

目の前を泳ぐ大きなシャチに
驚いたのか
ちょっと腰が引けている息子。
ショーの間も
バッシャーン!という大きな音や
水しぶきが上がるたびに
ちょっと泣きそうになっていましたが
そのうち雰囲気を察したのか
一緒になって拍手していました。

続いてアシカパフォーマンスと
ベルーガパフォーマンスを見学。
もうひとつ楽しみにしていたイルカは
翌日に持ち越しました。

06070103

ホテルに繋がる出入り口に向かう間にも
トドやイルカやペンギンに会えました。
結構間近で見られるので
大人の方が喜んでいたりして。

お部屋に戻り
まずは旦那さんが温泉へ。
その間わたしと息子は
目の前の海までちょっとお散歩です。

風が強くて波も荒くて
しかも砂浜までは
コンクリートブロックの坂があり
息子と二人では降りられませんでしたが
海沿いをてくてく歩いたり
海を眺めたり
楽しく過ごしました。
息子にとっては初めての海。
息子の目にはどう映ったかなぁ。

06070104

部屋に戻り
旦那さんがお風呂からあがってから
夕食に行きました。
バイキング形式の夕食で
頼めば離乳食も作ってもらえます。
息子にも念の為と思い
離乳食の中から
卵と乳製品を使っていないものを
出してもらいましたが
それだけでは足りず。
普通に出されていた食事の中から
息子でも大丈夫なものを探したら
それで充分過ぎるほどでした。

お腹が一杯になったところで
息子のお風呂。
大浴場にも
ベビーソープやバスチェアが
用意されているのですが
まだおむつが外れていないので
お部屋のお風呂で済ませました。

息子を旦那さんに任せ
その後はわたしが大浴場へ。
ひとりでゆっくりお風呂に入るのなんて
いつ以来だろう?
時間を気にせず
少しゆっくりさせてもらいました。

お部屋に戻ると
既に息子は眠っていました。
車の中で一時間ほどしか
お昼寝していなかったので
余程疲れていたようです。

長くなってしまったので
続きはまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »