« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.31

稀に見る・・・

本日は
史上稀に見る
「何もかも上手くいかない日」でした。

後で思い出したくないので
ここにも書きません。
ああもう
悲しくって
情けなくって
どうしようもなくって
久し振りに涙が出そうになりました。

そんな中
旦那さんからの帰るメール。
23時までには帰ってくるから
そしたら
昨日買ってきてくれたコンビニデザートを
一緒に食べながら
今日の話を聞いてもらおう。

・・・と思った矢先。

「やっぱりもう少し遅くなる」メール。

あぁあ。
やっぱり今日は
ダメダメな一日。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.30

笑い上戸

二週間前に約束をしたものの
息子が風邪をひいてしまった為に
ドタキャンしてしまった
友人との約束。

今日やっと
遊びに行くことが出来ました。

行き先は
友人Tちゃんのご実家。
実はTちゃん
現在二人目を妊娠中で
今月一杯の予定で
里帰り中だったのです。
Tちゃんの自宅とご実家は
わたしの住まいからだと
ほぼ同じくらい。
ご実家に伺うのは
小学生だか中学生だかの頃以来です。

Tちゃんのお母さんとは
Tちゃんの息子Kくんが産まれた時に
産院でお会いして以来
約二年ぶりになります。
でも
何年間が空いても
違和感なくお話させていただけるので
お母さんが在宅の日に
敢えてお邪魔してきたのでした。

息子とKくんは
興味の対象がちょっと違うのか
一緒に遊ぼうという感じではないのですが
お互いにお互いの存在を
とても気にしている様子。
Kくんのほうが息子より強いので
息子はやられっぱなし。
たまにはこういう経験をして
色々お勉強してくれるのも良いですね。

途中
息子とKくんがお昼寝したこともあり
大人三人で
懐かしい話などを沢山しました。
お母さんはわたしの母とも
面識があるので
時々母の話なども交えながら。

あまりの居心地の良さに
なかなか帰れないでいると
Tちゃんのお父さんも帰宅。
少しお話させていただいてから
後ろ髪ひかれる思いで
Tちゃんのご実家からお暇しました。

久し振りにKくんと会い
時に潰されながらも
体全部で遊んでいた息子は
余程楽しかったのか
帰りの車の中でも
自宅に到着してからも
始終ご機嫌でした。
わたしの後をけらけら笑いながら
追いかけてきたり
普段は見向きもしないラトルを
ピィピィ鳴らしてはゲラゲラ笑ったり。

そうだよね。
結構マメに会っていたお友達だから
泣かされようとなんだろうと
やっぱり楽しいんだよね。

Kくんからの刺激をたっぷりと受けて
いつになく笑い上戸の息子でした。

Tちゃんのお母さん。
今日は沢山お話させていただけて
凄く楽しかったです。
また遊びに行かせて下さい。
それからTちゃん。
あと少し。
どうか身体を大事にして
その日を迎えて下さい。

って
その前にまた
遊びに行くけどねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.29

今日は記念日?

本日5月29日は
わたし達夫婦の
二つ目の結婚記念日でした。

正確には
結婚「式」記念日。
一つ目の結婚記念日は
入籍をした1月3日です。

入籍日に関しての思い入れは
夫婦共にあるのですが
こと挙式の日に関しては
そうでもなかったり。

というのも。

結婚式を挙げるとなった時
式場の都合(当然ですが)や
暦の都合(大安だとか何だとか)で
日にちが決まった経緯があり
どうしても
「自分たちで決めた日」という感覚が
薄いのです。

結婚「式」記念日は記念日として
大事にしたいなぁと
わたしは思うのですが
まあ上記のような理由で
旦那さんは乗り気ではありません。

しかも
今は忙しい時期で
今夜も遅くなると言われ
(って2月からずっと忙しいじゃーん)
特別なお夕食を用意することも
何か美味しいもの♪を
用意することも無く・・・。

つまんなーい。

仕方が無いので
今日は一日家の中で
あれやこれやと過ごしていました。
(それはそれで
形になったので良いのですが。)

お昼過ぎくらいまでは
何だか寂しくって
暗ーい気分でしたが
開き直って色々しているうちに
わたしも
どうでも良くなってきちゃいました。

そんなものなのかなぁ。
まだ二年しか経っていないのに。

それでも
日付が替わる前に帰宅した旦那さんと
一緒にテレビを観たり
話をしたりして
ちょっとだけ気分が晴れました。

さて
次の記念日は
何月何日の何記念日だったかな。
その時は
美味しいケーキでも
買ってこようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.27

1歳7か月になりました

我が家の息子は
今日で1歳7か月です。

昨日の健診で測定しました。

身長 78.2センチ
体重 11.55キロ

体重は先月よりちょっと増えました。
身長は
先月わたしが測定したものと
それ程変わりません。

歯は
上8本(左右1234)
下7本(左1234 右124)
合計15本です。
こちらも
歯科検診の結果と自分で
確認出来ている本数は同じです。

あんよはすっかり上手になりました。
最近では
靴を履いたままでも小走りが出来ます。
勿論転びますが
毎回泣くことはなくなりました。
壁まで後ろ向きによたよたと歩き
壁にぶつかると走って戻って来ます。
ドキドキするのが楽しいのか
いつもニヤニヤしています。

「バイバイ」と言いながら
匍匐後進するのがブームのようです。

食事に関しては
スプーンでスープをすくって
こぼさずに飲む(啜る)ことがあります。
でも食べさせてもらう方が良いようで
スプーンに食べ物を乗せたものを
お皿に置いておくと
それを掴んで上手に口に運びます。

赤い食べ物(人参・トマト・苺)が好きな様子。
緑(ブロッコリー・アスパラガス)も良く食べます。

お手伝いが出来るようになってきました。
「あれを持ってきて頂戴」
「これをパパにどうぞってしてきて」
「それはあっちに持って行ってね」という
簡単な指示なら理解できているようです。

自分の思い通りにならないと
床にひっくり返って泣きながら抗議します。
怒っているときは何故か毎回
決まって身体の前で両手を合わせ
乱暴に動かすのですが
その様子が何とも可愛らしくて
(本人は怒っているんですけどね)
こちらは笑ってしまいます。

ぐるぐるどかーん!の踊りも
随分真似できるようになりました。
「はいはいだよー」の声に合わせて
はいはいをするし
「パンツあげて」では手を腰に
「お帽子オッケー」では手を頭に
「走るよー」と言われると
お部屋の中をきゃあきゃあと走ります。
テレビやママがすることを
いつの間にか覚えているようです。

色鉛筆を使って
お絵かきをするようになりました。
まだただの殴り書きですが
息子はとても楽しそうです。
細く尖ったものは怖いので
ママが確実に見ていられるときだけしか
出来ないのが
息子には不満そうですが。

風邪をひき小児科へ行き
定期検診で小児歯科へ行きました。
1歳6か月健診にも行きました。

お外で遊ぶことも多くなり
息子の手の甲はいつの間にか
真っ黒に日焼けしていました。
顔も少し焼けてきました。
これからの季節
紫外線や熱中症などには
充分気をつけてあげないとなりませんね。

そうそう。
GWには約一年振りに
義実家へ帰省してきました。
みんなに可愛がっていただき
初めて「はとこ」にも会いました。
階段から落ちるハプニングもありましたが
楽しく過ごしてきました。

体力がついてきたのか
日中充分に身体を動かさないと
夜の寝付きが良くありません。
もうすぐ梅雨。
お外遊びがなかなか出来なくなると思うと
ママはちょびっと憂鬱です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初めてのコンサート!

今日は
息子にとって
初めてのコンサートに
行ってきました!

ステージには
「ぐーチョコランタン」の四人(人?)と
うたのお兄さん・お姉さん。
お兄さん・お姉さんは初めてですが
ぐーチョコの四人のことは
ずっぅっとテレビで見続けている息子。
一体どんな反応を示すのか
楽しみにしていました。

開演直前に席に着くと
会場は小さなお子ちゃまが沢山。
普段公共の場所では
騒がないようにとか
泣かないようにとか
愚図らないようにとか
兎角心配なことばかりですが
今日ばかりはお互い様。
それだけでママたちは
気持ちがとっても楽になります。

じゃじゃーん!という大きな音と共に
キャラクターたちがステージに上がると
お子ちゃまたちは
「きゃー○○だー!」と
それぞれ声を上げて大喜び。
息子はどうだろう?と
膝の上に抱いた息子の顔を覗き込むと
すっかり圧倒されてしまったらしく
表情ひとつ変えずにステージに釘付けです。
ちょっと驚いたのか
わたしの両手を
爪の後が付くくらい
きつーく握り締めていました。

知っている歌も
初めて聴く歌も
息子はずうっと同じ反応でした。
手を外そうとすると
慌てて握り直してきます。
それでも時間が経つにつれ
ちょっと手を離しても大丈夫になり
わたしの手を使って
手拍子や手遊び(上に上げたり左右にふったり)も
するようになりました。

最後の二曲は
いつもテレビで観ているものと同じで
身体を動かすものでした。
階段から落ちないようにだけ注意して
息子を通路に降ろすと
息子は直立不動。
結局最後まで
自ら積極的に「はーい」も「バイバーイ」も
しませんでした。
なんて内弁慶な・・・ぷぷっ。

それでも一時間
全てが終わるまで
ステージから殆ど目を離さなかった息子。
終演後にロビーで
お友達を待っている間
いつもよりかなりハイテンションで
わたしの周りを走り回っていました。
帰りの車の中でも
「スプーに会ったひとー?」と聞くと
さっと右手を挙げ
(他のキャラクターでも同じ反応を
示していました)何やらご機嫌な様子でした。

どれくらい解ったのかは
息子のみぞ知るですが
きっと良い刺激になったことでしょう。

みんなと一緒に行かれて良かったね。
きっとまたみんなで行こうね。
ママもすっごく楽しかったよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.26

1歳6か月健診

今日は自治体主催の
「1歳6か月健診」に
息子と二人で行ってきました。

先に受けていたママ友さんからは
「早く行って14・5番目だったよ」とか
「遅く行った方が良いよ」とか
聞いていたのですが
結局のんびり行くことに決定し
息子は38番目で受付してもらいました。

早い番号のお子ちゃまたちは
もうどんどん呼ばれていたので
それ程待たずに健診が始まりました。

まず
保健師さんによる問診。
昨晩自宅で書き上げた
問診表を見ながら
あれやこれやとチェックします。
保健師さんとママが話している間
息子は目の前にあるクーピーを借り
お絵かき帳にお絵かきをしていました。
(これも発達を確かめるひとつです。)

次に
きれいなおむつに履き替えて
身長・体重測定。
身長を測る時に仰向けに寝かされ
殆どのお子ちゃまが泣いていました。
勿論息子も号泣。
それでも
三人がかりで測定しました。

おむつ一枚のまま
小児科医の診察と相談。
心配事は?と聞かれましたが
ここ最近は毎週のように
小児科へ通っているので
「特にありません」であっさりとお仕舞い。

服を着て
次の「歯科」部門へ移動します。

ここでは最初に
プラークスコアを測定します。
歯科衛生士さんに頭を預ける形で
仰向けに寝かされるのですが
当然息子は号泣。
衛生士さんがどうにか染め出し液を
上の前歯四本に塗り
それを軽くふき取ってから
色の残った部分を見るのですが・・・
(この染め出し液(赤色)は
磨き残しのあった場所に着色し
歯の汚れ具合を見るものです)
染め出し液を塗った後
息子が頑として口を開けなかった為
ろくにふき取らずにチェックされてしまいました。

「汚れていますねー」と言われ
わたしは愕然。
仕上げ磨きは夜だけだし
昼食を食べた後だったし
多少の汚れはあったにしても
そのやり方でその結果では
何というか納得できず・・・。
(でもまあ
染め出し液が付いちゃったのだから
その時は汚れていたのでしょうね。)

「むぅー悔しいなぁ」と
思わず声に出ちゃいました。

衛生士さんに
赤く染まった前歯を磨いてもらい
次は歯科医の健診です。
歯は現在
わたしでも確認できている15本。
虫歯もないし
前歯の結節も心配ないですよーと
言っていただきました。
大学病院で経過観察中だと
伝えてあったので
こちらもあっさりと終了。

最後に
もう一度保健師さんとお話をして
終了となりました。
受付から終了まで2時間。
それでも
昨晩から意気込んでいた割には
あっさり終わってしまいました。

保健師さんとお話する中で
最近悩んでいることを
いくつか聞いていただきました。
保健師さんに
「お母さんがなさっていること
すごく良いと思います。
わたし達は応援しますよ。」と言われ
思わず涙が出そうになってしまいました。
誰か味方がいてくれると思うと
ああもうちょっと頑張ろうって
思えてくるんですよね。

健診が終わった後
少しお買い物をして
自宅に戻ったのは16時ちょっと過ぎ。
息子は車の中でうとうとし始め
結局19時近くまで
お昼寝(夕寝?)していました。

1歳6か月健診。
無事に終了してほっとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.25

募金を集金に

お昼頃
町会の方から
電話が来ました。

「赤十字の募金を
副会長さん(だったかな?)に
持って行くので
いま集まっている分だけで良いので
持ってきてもらえます?」

・・・え?
まだ集めてないけど・・・?

実は
昨年までとちょっとやり方が
変わったそうで
それを知らずにいたわたしは
てっきりまだ先の話だと
思い込んでいたのでした。

町会費と違って
こちらは気持ちよく
協力していただける人だけで
構わないので今週末にでも・・・
とおっしゃるので
「いえっ今日明日で持って行きますっ」と
自分に気合を入れる意味も含めて
お返事させていただきました。

そう。
気合を入れないと
全戸回るのはキツイのです。
居留守・支払い拒否などなど
町会費を徴収に回ったときに
嫌な思いもたっぷりしたし
何とも言えず憂鬱です。

日中は在宅率が低いので
18時過ぎから回ってきました。
前回の町会費の時と同じく
息子はスリングでお付き合い。
それでもお勤めしている人は
まだ帰宅していないし
小さなお子さんがいるお宅は
忙しい時間で出てこられないし。
それでも
昨年よりも多く集まったので
これでいっかな?と
割と気楽な感じで終了してしまいました。

一旦自宅に戻り
領収書などを取りまとめ
直ぐに町会の方のお宅へ
届けに行ってきました。

簡単に終わるだろうと思ってましたが
それでも4・50分はかかっていました。
息子は
いつもより遅い夕食に
全身で向かっていきました。
(毎回ゴメンよー。)

勝手に勘違いしていたせいで
迷惑をかけてしまうところでした。
今回はぎりぎりセーフ(かな)。
次に何かあるときは
しっかり確認しなくっちゃと反省しました。

それにしても。
「募金」を町会で「集金」するのって
なーんか違和感があるのですが・・・。
むーん・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.24

お気に入り見つけた!

今日もママ友さんたちと
近くの大きな公園に
行ってきました。

月曜日にも行った公園ですが
今日はいつもと違う広場まで
初めて行ってみました。
駐車場から遠いせいもあって
殆ど人がいません。
広ーーい芝生の広場を
貸切状態です。

06052401

名前は解りませんが
この小さなお花が
一面に咲いていました。
・・・余談ですが
わたしの小学校にも
このお花が咲いていました。
当時からとっても好きだったので
こんなに沢山咲いている場所を
発見出来て
すっごく嬉しかったです。

もとい。

今日の息子はパワー全開。
広場で靴を履かせて下におろすと
あっちにこっちに
ずんずんずんずん
歩いて行ってしまいます。
それでも決して
目の届かない場所へは行かない所が
慎重派(臆病者?)の息子らしいです。

レジャーシートから
息子の様子を眺めていると
息子から歓声(奇声)があがりました。
何やら発見したようです。
あまりに嬉しそうに「うきゃーはうあうばう!!」と
叫んでいるので行ってみると
そこにあったのは・・・

06052402

・・・排水溝でした。

この広場
微妙に斜めになっていて
真ん中辺りの一番低いところに
排水溝が作られていました。

息子が
排水溝の何にそんなに惹かれたのか
いまいち解りません。
流れているお水?
格子の部分を叩いた時の音?
???
余程気に入ったらしく
息子は暫くの間ここを離れませんでした。
あまりに楽しそうに叫んでいるので
最後にはお友達も
集まってきちゃいました。

月曜日の反省を踏まえ
今日は息子・ママ共に帽子着用&
日焼け止め塗り塗りで過ごしました。
木蔭にシートを敷いたこともあり
月曜日のような
酷い日焼けは防ぐことが出来ました。

沢山遊び
沢山歩き
沢山食べ
更に遊び
更に歩き
疲れ果てた息子は
ママの抱っこでお昼寝開始。
いつもより激しく動いていたので
随分疲れたようでした。

息子が眠って一時間ほど経った頃
急に風が強く冷たくなり
これは夕立?!と判断したので
時間的にはちょっと早かったのですが
帰り支度を始めました。

大人の足でなら
充分間に合う時間をとったつもりが
それぞれ小さな子を連れているので
結局
駐車場に着くまでに
ちょっと雨に降られてしまいました。
それでも皆
本降りになる前に帰宅出来ました。

紫外線は気になるものの
お外遊びは
子どもにとってもママにとっても
楽しくて気持ちが良いです。

月曜・水曜と
長時間お日様の元で遊んだおかげか
息子もうっすらと日焼けして
ちょっと少年っぽく見えます。
目一杯身体を動かしているので
表情も生き生きしています。

ああもう
この際
ママの日焼けなんてどうでもいいや。
キミが楽しいのが
ママには一番だよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.23

アレルギー検査の話

二週間前に処方された
息子のお薬が
明日で終わってしまうので
今日も小児科へ行ってきました。

午前中に行くつもりが
10時過ぎから息子はお昼寝。
11時を過ぎた頃
偶然友人から電話がかかってきたので
小児科は午後に行くことにしました。

午後一番に行くと
待合室は5・6組の患者さん。
一時間ほど待って呼ばれ
いつものように「もしもし」「あーん」。
すっかり慣れた様子の息子は
嫌な顔ひとつせず
されるがままにしていて
今日も先生と看護師さんを
笑わせていました。

結局お薬は
あと二週間飲み続けることになりました。
その間に症状が悪くならなければ
お薬をやめて
様子を見ましょうとのことです。

診察の後
最近気になっていた「アレルギー検査」について
初めて先生に質問してみました。
この病院(アレルギー科も有)でも
検査は出来るのですが
先生曰く
痛みや身体への負担があるので
もう少し大きくなって
そういうのを我慢できるようになってから
やりましょうとのことでした。
小学校にあがった頃かな?と言われ
「そんな先で良いんですか?」と
思わず聞き返してしまいました。

アレルギー検査をして
陽性と出ても大丈夫だったり
陰性と出たのに駄目だったりと
検査が100%な訳ではないし
息子の場合
アレルギーに関しては
それ程酷くないと思うので
そんなに急がなくても大丈夫
というようなことを言われました。

意気込んでいただけに
ちょっと拍子抜けした感もありますが
お友達のなかには
既に検査をした子もいて
「結構沢山血をとるんだよ」という話を
聞いていたので
一方で安心したりして。

もう暫くの間は
息子の食に関しては
気をつける日々が続きます。


将来息子が
何でも食べられるようになるように
その為に気長に頑張っていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.22

公園であそぼ!

先週は
風邪の為に
引きこもり生活を送っていた
息子(とわたし)。

週末には体調も良くなり
今日は久し振りの「ママの会」で
大きな公園に行ってきました。

雲も厚く
風も涼しかったので
広場のど真ん中に
レジャーシートを敷き
遊んだりご飯を食べたり。

そのうち
日差しが強くなってきたのですが
場所を移動しないでいたら
わたしは腕と足が
息子はつむじ(!)が
すっかり日に焼けてしまいました。
自分の分はすっかり忘れ
でも息子の帽子は
ちゃぁんと持って行ったのに
息子に帽子を被せると
2・3歩あるくとぽいっ。
結局最後まで被ってくれませんでした。
(これから夏に向けて
どうにかしないとなりません。)

ちょっと遊んで
お昼を食べて
また遊んで
お昼寝して
最後にもうひと遊びして。
たっぷりとお日様を浴びて
帰宅しました。

06052201

お昼寝をしたときに
靴と靴下を脱がせたら
その後は最後まで
裸足で遊んでいました。

日焼け対策を万全にして(ママもね)
また遊びに行きたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.21

プレゼント2回分

土曜日の夜
テレビが壊れました。
録画しておいたドラマを
ながら見しつつ
広告なぞ読んでいたら
知らないうちに
画面が真っ暗に・・・。

ん?
なんで?

色々いじってみても
どうにもなりません。
深夜に帰宅した旦那さんにも
見てもらったのですが
音声だけが出る状態は変わらず。

で。
今日はそのテレビを
購入したお店まで
修理に持って行ってきました。
そのついでに
大型電気店の近くにある
ショッピングモールに寄り
(でも旦那さんが
「早く帰ろう」とばかり言うので
何も見られず買えずじまいでした。)
それから
別の大型電気店に向かいました。

なんとまぁ。
修理に最低でも2~3週間かかるそうで。
それまで一切テレビ無しの生活では
ちょーっと厳しいということを
(特にお夕飯の支度をしているときなど
息子にテレビを見ていてもらわないと
どうにもならなかったりするので)
旦那さんに話し
パソコンでテレビが見られるように
してもらいました。

実はその大型電気店で
わたしがずうっと欲しかったものを
買ってもらえました♪
今日買う予定ではありませんでしたが
いつまでも先延ばしにしているのも・・・
という訳です。(+「勢い」だそうです。)

今年のホワイトデイのプレゼント

誕生日プレゼント(5月3日でした)

コンピューターミシンです♪

やったー!
ずっとずっと欲しかったんです。
まだ準備万端整っていないので
実際に使ってはいませんが
これで何を作ろうかと想像するだけで
わくわくします。

あとは上手く
ミシンに取り組む時間を
確保できるかどうかです。
息子の
全面協力が得られますようにー。

旦那さん有難う♪
大切に
でも沢山
使うからね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.20

ようやく寝ました・・・

「寝かしつけ」二回戦。

あっけないほど簡単に
息子は夢の中へ。
くっはぁ。

息子1歳6か月。
本日の就寝時間:23時55分。

うーん。
絶対間違ってる。
これで良い訳がない。

明日こそ
どうにかしないと。
(・・・出来るかなぁ。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

・・・まだ寝ないの?

息子が寝てくれません。

今日のお昼寝は
15時半~18時の一回のみ。
夕食・お風呂を
19時までに済ませ
歯磨きをしたり
おもちゃで遊んだりしながら
21時まで過ごし
21時に寝室へ移動。

歌を歌って
背中やお腹やお尻を
ずぅっとぽんぽんして
あとひと息っ・・・というところで
上の階の人が騒ぎ始め
それに愛犬が反応して
吠え捲くり・・・。

お布団からむくりと起き出した息子は
何やら喋り始め
わたしは寝かし付けを諦め
リビングに戻ってきたのが
22時半くらい。

現在23時40分。
旦那さんからは未だ
帰るコールもないし
息子は絵本を見たり
悪戯したりで眠る気配なし。

あーん。
もうすぐ日付が替わっちゃうよぅ・・・。

いくらなんでも
なので
もう一回
チャレンジしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勿体無くて

昨晩。

旦那さんの帰宅が深夜だったので
(まぁいつものことですが)
お布団に入ったら
もう午前2時を回っていました。

息子は
体調が戻ってきたこともあり
すーぴーと寝息を立てて寝ています。
疲れて帰ってきた旦那さんは
あっというまに夢の中へ。

・・・眠れません。
わたしだけ
どうしても眠れません。
上の階の住人の騒音が酷いのと
(真夜中にゲームしないで!とは
言わないから
せめていちいち
大声ではしゃがないで下さいっ!!)
ふとした考え事が
頭の中をぐるぐるぎゃあぎゃあ・・・。

駄目だー。
寝ようと思うと余計にイライラして
これじゃあ絶対眠れない。
そう思って
ひとりで起きちゃいました。
リビングで
ちょっとアルコールなど口にしながら
(1人で飲んだのなんて初めてかも)
三月に終わった連続ドラマの
最終回を観たりしていました。

明け方5時ごろ
ちょっと眠たくなってきたので
そのままお布団へ。
当然今朝は朝寝坊です。

一番最初に目が覚めた息子は
扉を開けたりお布団をはいだりと
悪戯をしていました。
それに気付いても
どうしても起きられないわたし。

すると息子。
息子が眠る場所に
シーツ代わりに敷いてあるバスタオルを
ぐぐいっと外し
わたしのお腹の上に
ふわんとかけてくれたのです。

半分夢の中のわたしでも
それには流石にびっくり。
きみはいつから
そんなに優しいことが
出来るようになったんだい?

びっくりして
嬉しくって
そして
息子がかけてくれた
バスタオルを外すのが
勿体無くって
そのまま暫くの間
起き上がれませんでした。

あー
心地良かったなぁ~。

・・・すっかり寝坊してしまった為
その後息子の
「お腹空いたよグズグズ」攻撃を
受けてしまいましたけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.19

遅いよー

昨日・今日と
息子の就寝時間が
22時後半になってしまい
困っています。

しかも
寝室に行ってから長い長い・・・。
息子が寝ている時間が
唯一の自由時間な現在
お昼寝時は家事が何かしら
残っているので
尚更
夜の就寝が待ち遠しいのです。

体調不良&悪天候で
思い切り遊ばせてあげられていないのが
一番の原因のような気も
しています。
あと思い当たるのは
息子のお昼寝時間。

ちなみに今日は
15時半過ぎに寝て
目が覚めたのは18時過ぎ。
飲んでいるお薬が
眠気を誘うものなので
長時間眠ってしまうのは
仕方が無いとして
時間帯が悪すぎる?

お風呂から上がって
歯磨きをしたら眠くなって
そのまま寝室へ・・・というパターンが
一時期出来ていたのに
いつの間に崩れたんだろ?

息子の体調が戻ったら
またいちからやり直します。

あっ
息子の風邪は
だいぶ良くなってきました。
もう就寝中に
うぐっと息が詰まることはありません。
来週は
お外遊び出来ると良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.18

息子流お手伝い

現在1歳6か月の息子。

何やら
お手伝いらしきものを
するようになってきました。

まず
食事が終わると
自分の食器を全てひとつに
重ねます。
勿論スプーン・フォークも。
わたしが毎回していることを
よく見ているんだなぁと
驚かされました。

それから
朝パジャマを着替えるとき
服やおむつのある場所で
わたしが「これとそれと・・・」と
選ぶそばから
着替える場所(リビング)の
テーブルの上に
運んでいきます。
一回にひとつしか運ばないので
何往復もするのですが
毎回「うひゃひゃひゃひゃー」と
奇声(?)を発しながら
凄く楽しそうです。

ソファの上の洗濯物を
たたんでいるわたしの膝に
持ってくる時も得意気です。
一枚ずつ持ってきてくれるのは
有難いのですが
たたみかけの洗濯物の上に
次のものをどーん!と置いたり
洗濯物がなくなると
たたみ終わったものを
もう一度膝に乗せてくるので
ここはスピード勝負です。

パンツ型おむつをはくときに
「パンツはくよー」というと
片脚ずつ上げてくれます。
ママにしてみると
これも結構助かります。

他にもちょっとずつですが
「パパにこれ持っていってあげて」とか
「それをママに頂戴」とか
出来るようになってきました。

息子流のお手伝い。
次はどんなことをして
パパとママを驚かせてくれるのか
楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.17

笑顔で「ばいばぁい」

息子は「ばいばい」が得意です。

テレビを見ていて
番組が終わるときも
お兄さんの「さようなら~」に合わせて
「ばいばいばぁーい!」。
エレベーターが閉まるときも
「ばいばいばぁーい!」。

これが
慣れない人相手だと
上手く出来ないのですけれども。

旦那さんが出勤するとき
息子は必ず「ばいばぁい!」と
旦那さんを見送ります。
時々テレビに目を奪われて
ちょっと適当にあしらう(!)ことも
ありますが
旦那さんはかなり満足気でした。

でした。
と過去形なのは。

息子があまりにも楽しそうに
笑顔で「ばいばいばぁい!!」と
見送るので
最近はちょっと複雑な気分になった様子。
「パパが出掛けちゃうのに
そんなに嬉しそうな顔しなくても」
だそうです。

今朝。
旦那さんのいるうちに
わたしがゴミを捨てに行くと
(いつもは旦那さんが
出勤するときに持って行ってくれます)
部屋の中から息子の泣き声が
聞こえてきました。
先日
旦那さんに息子をお願いして
わたしがひとりで
お買い物に行ったときもそう。

それを目の当たりにしている
旦那さんだからこそ
「ママの時は泣くんだ。
パパには笑顔なのにー。」と
なったようです。

まあ
これだけママとべったりだから
ママがいないと不安なだけ
・・・もしかしたら
「ママがいないと
ボクはご飯が食べられないー」
なだけかもしれませんけれども・・・
だと思うのですが
悪い気はしません。

うふふ。

いつかそのうち
「パパお仕事行かないでー」なんて
泣く日もくるのでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.16

真夜中に・・・

昨晩の息子。

お風呂からあがり
あっさり眠ってくれたと思いきや
24時近くに旦那さんが
帰宅した後
何かのきっかけで
(咳き込んだ?音がうるさかった?)
完全に目を覚まし
自分から起きてきてしまいました。

パパ・ママも
ぼちぼち寝ようかと
思っていたところだったので
暫く一緒にリビングで過ごし
改めて寝室に戻りました。

今日は。
相変わらず熱は出ないし
食欲も満点なのですが
咳と鼻が酷いです。
1歳児とは思えないような
しわがれた声をしています。

鼻は
鼻水吸い器を使っても
ちっとも吸えません。
鼻水というより鼻づまり?
寝ているとき
鼻呼吸をしていると
時々「・・・ぅくくっ」と呼吸が詰まるようで
その度に
大丈夫かな?とドキドキしてしまいます。

今日の予定も
明日の予定(ママの会)も
キャンセルして
自宅で大人しく(でもないか)
遊んでいます。

早く治ると良いのになぁ。
息子(とわたし)が
熟睡出来るのは
何日後なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.15

やっぱり増えたか

昨晩の息子。

げほげほと咳き込むと
喉に鼻水が落ちてしまうらしく
うぇーっとなってしまうようで
その度にうぇーん。
当然わたしも眠れず
今朝はすっかり寝過ごしてしまいました。

目が覚めて
相変わらずハナタレくんの息子と
前回小児科で処方されたお薬の
効能などが書かれている紙とを
何度も見比べ・・・

・・・やはり
小児科へ行くべきか。

本当は
午前中に行く予定でしたが
息子がすっかり眠ってしまい
昨晩眠れなかったことを考えると
起こすのも可哀想だったので
結局午後一番で行ってきました。

受付開始前だったので
4番目に診ていただけました。
聴診器を当てられている間
息子は怖がる様子も無く
しかも左手で
聴診器を持つ先生の手を
きゅっと握り
先生と看護師さんを
笑わせていました。

で。
新しいお薬を処方されました。
何種類か混ざっていますが
一日3回のものと
朝夕2回のもの。
これで朝夕は四包飲むことに。
入浴後には更に
気管を広げるための張り薬もあり
・・・何だかなぁ。

でも。
お薬のお蔭か
今夜の息子は
お風呂から上がると
あっという間に眠ってしまいました。
昨晩と比べると
呼吸も随分楽になったみたいです。

良かった。

ただひとつ。
明日
すっごく久し振りに
お友達のお家(しかも実家)に
遊びに行くことになっていたのですが
息子と同じくらいの
おこちゃまもいるので
万が一にでも
風邪をうつしては・・・と思い
理由を話してキャンセルしました。

うわーん
残念。

こうなったら
一日も早く
息子に風邪を治してもらい
(しかも完璧にねん)
来週早々にも
リベンジを果たしたいと思います。

暫くは
おとなしくしてようねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.14

母の日だっけ

今日は母の日でしたね。

義母には
先週の木曜日に
プレゼントを送りました。
今日無事に届いたそうで
夜に電話をいただきました。

実母には
近々お花を持って行こうと
思っています。

そういえば
わたしも一応「母」なのですが
1歳6か月の息子が
母の日を意識するはずも無く
頼みの綱(?)の旦那さんは
休日出勤だったし
息子がハナタレくんになってしまった為
お買い物にも行かれなかったし
普段となんら変わらない
(ともすれば
息子が風邪かも・・・ということで
普段よりちょっと良くない)
日曜日を過ごしてしまいました。

ハナタレくんはとても寝苦しそう。
明日は小児科へ
行かなくちゃかなー。
明後日の予定も
キャンセルかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.13

ばぁばじゃないけど

休日出勤の旦那さんを見送り
息子と二人で
実母の実家へ行ってきました。

住んでいるのは伯母夫婦と従姉。
息子を出産したあと
お世話になった場所です。

昨年の夏に
従弟(結婚して家を出ています)に借りた
育児グッズを返すのと
先日の帰省のお土産を
持って行くのが目的で
お正月以来の訪問になりました。

あの頃はよちよち歩きだった息子が
小走りする様子を見て
みな驚いていました。
別居ですが孫もいるので
おもちゃがあったり
お昼寝用のお布団があったり
お食事用の食器があったりと
とても過ごしやすく
お夕飯前には買える予定だったのに
結局ご馳走になって帰ってきました。

息子にとって
実のじぃじとばぁばではないけれど
目に入れたら
流石に痛いだろうけれど
それでも無条件に
「かわいいかわいい」と言ってくれたり
「なかなか(育児)よくやれてるなぁ」と
褒めてくれたりするので
時々甘えに行きたくなる場所です。

・・・甘えすぎると
しっぺ返しをくらうのですけれどもね。
ぷぷっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.12

半年振りの小児歯科

今日は久し振りの晴天。

午前中は
溜まりに溜まった洗濯物を
干し場がなくなるまで洗い
更にお昼近くには
既に乾いていたバスタオルを取り込み
もう一回洗濯機を回しました。

はーすっきりした。

午後は
半年振りの小児歯科でした。
息子の虫歯に関しては
神経質なくらい気になっているわたしは
(自分自身が小さな頃から
虫歯で散々嫌な思いをしたので・・・)
この際気になることを
全部聞いて帰ろうと気合満タンでした。

大学病院へ向かう車内で
息子はお昼寝。
仕方が無いので
ベビーカーで診察室に行きました。

担当の先生が
すやすや眠る息子を見て
「このまま(ベビーカーの中)で診ますから
起こさなくて良いですよ」と
言って下さいましたが
口を開けようとした途端に
息子は目を覚まし
びっくりして泣き出しました。

結局息子を抱き上げて
ユニットに座りました。
息子は号泣していましたが
その方が口の中は診やすかったりして。

息子の歯(結節)は特に変化なし。
折れたり削れたりもしていないそうで一安心。
そして
「よく磨けています。きれいですよ。」と
一番嬉しいことを言って頂き
何だかちょっと褒められたような
嬉しい気持ちになりました。

今回はまだ奥歯が萌え出ていないので
フッ素塗布はなし。
半年後の定期検診の時に
塗布することになりました。

結節に関しては
もし折れたりした場合は
神経が通っていると痛いので
直ぐに受診すること(これは前回と一緒)と
もう少し大きくなったら
折れないように保護することも
考えましょうとのことでした。

それ以外で
先生と話したことは
以下の通りです。

・下の前歯(真ん中)の間に
いつも食べかすが残っている気がする。
磨きにくい場所なので
歯間ブラシなど使った方がいいのか?

→食べかすではなく
歯石が溜まり始めているので
歯ブラシでは取れない。
ここは虫歯にはなりにくい場所なので
定期検診でスケーリングをすれば
問題なし。

・麦茶による歯の着色が気になる。
(現在は色は付いていないけれど
このまま飲ませていても大丈夫なのか?)

→所謂「茶渋」のようなものだけれど
これは簡単に取れるので
気にせず飲ませて大丈夫。

・歯磨きは寝る前の一日一回で
(現在のペース)大丈夫か?

→出来れば何か口に入れた後は
ガーゼで歯をぬぐった方が良い。
そうすれば歯磨きは一日一回でも
問題なし。

・・・だそうです。
はー。
ホッとしました。

この話の大半は
診察室ではなく
帰りのエレベーターの前でしたものです。
見送り(?)に来て下さった先生は
わたしの質問ひとつひとつに
快く丁寧に答えて下さいました。

「最近は子どもの虫歯も減ってきて
良いことなんですけど
僕らの食い扶持がねーわっはっは」
うんうん。
こういう先生が担当医で良かったです。

診察室でずっと一緒にいた
三人の研修医さん(実習中の学生さんかも)が
寝起きで機嫌の悪い息子に
恐る恐る対応していたのが
とても新鮮で微笑ましかったです。

という訳で
半年に一回の検診は無事終了しました。
次は12月の予定です。
また毎日の歯磨き
ガンバリマス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まずは散髪

GW中
ずうっと気になっていたことが
ありました。

息子の髪。
ぎりぎり目には入らないけれど
前も後ろもながーい!

本当は帰省する前に
切りたかったのに
どうしても時間がとれず
そのまま行ってしまい
なので余計に切りたくて切りたくて
うずうずしていたのでした。

月曜日の午後
昼食後に早速散髪しました。
以前切ったとき
切り過ぎて失敗(!)したので
それからは
沢山切りたくても
ちょっとずつちょっとずつ
切るようにしています。

結果はなかなか。
ママ友さんたちにも
「自分で切ったの?上手いねー」なんて
言ってもらえたので
ちょっと満足しています。
うふふ。

ああでもやっぱり
帰省前に切れば良かったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.11

人付き合いってムツカシイ

旦那さんの実家への帰省から戻り
お洗濯物に追われつつも
火曜・水曜と
ママ友さんたちと遊んできました。

火曜日は
午前中児童館へ行き
午後はIさんのお宅へ
急遽お邪魔することに。
息子のお昼ご飯を用意していなかったので
わたしだけ一旦自宅に戻り
昼食を済ませてから
改めて出掛けました。

水曜日は
もともとちょっと遠出しようと
計画していたのですが
雨が降っていた為に中止して
一日三百円で利用できる
いつもの遊び場へ行きました。
3月末に引っ越したYさんとMくんも
久し振りに合流し
お互いに「ちょっと見ない間に
成長したね~」と話しました。

GW中
殆どの時間を大人の中で過ごした息子は
久し振りにお友達と遊べて
嬉しかったらしく
みんなが驚くくらいの上機嫌でした。
声をあげてケラケラと笑い
よく動きよく眠り。

・・・と
息子に関しては
良いのですけれども・・・。

「お菓子は食べさせない」
「チャイルドシートが無ければ
他の人の車には乗らないし
他の人も乗せられない」

こんなわたしって
付き合いづらいのかなって
チクチクと感じてしまうのです。

育児方針なんて十人十色。
わたしはわたしと旦那さんの考えるように
息子を育てていきたいと思っているだけ。
お友達たちが同じ考えである必要はないし
それを求めるつもりも勿論ない。
・・・それじゃあ駄目なのかな。

水曜日の室内の遊び場で
みんながおやつを食べさせているとき
わたしも息子に
用意していた苺を食べさせようと
その場を一瞬離れた間に
ママ友さんとは別のママさんが
自分のお子さんにタマゴボーロを
食べさせていました。
息子は興味をもったらしく
わたしが戻ったときには
テーブルに近づいて手を出していました。

「駄目だよっ僕のじゃないでしょ?」と
息子の腕を捕まえると
そのママさんは「良いんですよー
みんなで食べましょ」と言ってくれました。
「うちまだタマゴ駄目なんです」と言うと
慌てて息子の前にあった分を
避けてくれたのですが
「でもちょっと食べちゃったかも・・・」。

幸い
病院に行かなくてはならないような症状は
出ていませんが
何というか・・・ショックでした。

こんなとき「一緒に」が出来ないなら
その場にいちゃいけないのかなぁ。

少し離れたテーブルで
ママ友さんたちが
いつの間にか「一緒に」おやつを
食べている姿を見ながら
何だか色々考えてしまいました。

あなたはあなた
わたしはわたし
それとは別に
一緒に遊びましょうでは
駄目なのかな・・・。

折角仲良くなれたママ友さんたちなのに。
もしここから距離ができちゃったら
どうしよう・・・。

でも
その距離を埋めるために
息子に
食べさせたくないお菓子を食べさせるなんて
それは絶対間違ってる。
アレルギーの可能性のある卵も乳製品も
後悔したくないから今は与えたくない。
かといって
「そんな友達ならいらないじゃん」とは
絶対に思えない。

ああぁぁぁ。
暫くドツボにはまりそうです・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

GWは義実家へ・その4

5月1日から
義実家へ帰省してきました。

既に記憶が薄れて・・・
あぶないあぶない。
デジカメの写真を見て
思い出しながら書いています。

5月6日・初対面

06050601

6日は帰省最終日。
ちょっと慌しかったのですが
車で30分ほどの義母の実家へ。
義母方の義祖母も健在なので
短時間でも顔を見せてこよう!と
義妹も一緒に行きました。

わたしはここで大粗相。
一昨日法事に来ていた方に
うっかり「ご無沙汰しております」と
言ってしまったのです。
言って直ぐ「しまったー!」と思いましたが
訂正する訳にもいかず。
(大変失礼致しました・・・。)

もとい。

到着して直ぐに
旦那さんの従妹さんが
お母さん(=旦那さんの叔母)と
おこちゃま二人を連れて来たので
あっという間に賑やかになりました。
わたしが従妹さんにお会いするのは
今回が初めて。
息子にとって「はとこ」にあたる
ふたりのおこちゃまとも
初対面を果たしました。

2歳のMちゃんと9か月のMくん。
お姉ちゃんのMちゃんは
知らない人が沢山いたので
暫くは恥ずかしそうに顔を手で覆っていて
弟のMくんは我が家の息子のように
むっちりどっしりとしていて
どちらももうどうしようもなく
可愛らしかったです。

女の子ってやわらかいな~
9か月のあかんぼちゃんって
こんなにふんわりしていたんだ~と
頬はゆるみっぱなしでした。

慣れてくると
Mちゃんと息子は
一緒に猫を追いかけたり
おもちゃを取り合ったり。
これから一緒に大きくなっていくんだなぁ。
ちょくちょく会える訳ではないけれど
また一緒に遊んでね。

ほんの一時間ほどで
飛行機の時間があったので失礼して
義妹に空港まで送ってもらいました。
空港近くの喫茶店で昼食を済ませ
空港で義母と合流し
急いでお土産を買うと
搭乗手続きの時間に。

帰りの飛行機でも
行きと同様
離陸と同時にお昼寝した息子。
いつもは窓の外を見るのを
楽しみにしているわたしも
あっという間に眠ってしまいました。

自宅に着いたあとは
荷物を片付け
愛犬をペットホテルに迎えに行き
息子を寝かしつけながら
わたしも一緒にオヤスミナサイ。
翌日からは
大量の洗濯物に追われておりました。

こうして
今年のGWの帰省は終わりました。
感想は・・・ちょっと疲れたかも。
でも今までで一番楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.10

GWは義実家へ・その3

5月1日から
義実家へ帰省してきました。

一番の目的は
4日の法事と5日の慶事でした。

5月4日・法事

4日は義祖父の三回忌でした。
親戚縁者(その他?)が集まるので
前日からなんだか緊張していました。
緊張するといっても
毎回嫁は完全な裏方なのですけれどもね。

今回も
義母に教えてもらいながら
息子の相手をしつつ
お酌にまわったり
お台所を手伝ったり。

結婚してから
何度かこういう場面に
でくわしていますが
毎回毎回
うあーーーっとなるくらい大変で
緊張します。
お酌に回っているときに
土地の言葉で「わわわわわっ」と
話されたりすると
半分も理解出来なかったりするし。

今回の法事は
お坊さんがお経をあげはじめると同時に
息子がお昼寝をはじめ
わたしと義母以外の全員が
お寺とお墓参りに行って
戻ってきてちょっと落ち着くまで
そのまま眠り続けてくれたので
存分にお手伝いが出来て良かったです。

ただ
予定通りなら14時には終わり
その後は近所の公園に
お花見に行こうと話していたのに
トラブルがあって
お開きになったのは17時近く…。
息子用の食材を買い足しに出ただけで
終わってしまいました。

5月5日・お祝いの日

5日は義祖母の「米寿」のお祝い。
義祖母の親戚なども集まりました。
上手い具合に場を和ませていた
最年少のわが息子は
お昼ごはんを食べた後
座布団を枕に眠ってしまいました。

義祖母は
「喜寿」と間違われたくらい
元気でしっかりしています。
もっともっと長生きして
曾孫である息子にも
色々教えてやって下さいね。

昨日と違って
こちらは時間通りに終了。
義実家に戻ったあと
着替えを済ませ
義妹と4人で
近くを流れる大きな川へ
お散歩に行きました。

橋を渡る度に
ここで遊びたいなーと思っていた場所で
今回やっと念願が叶いました。
草がふかふか茂る場所や
河原の砂の上を
草を摘んだり砂を握ったりしながら
とことこ歩きました。

あー
こういう時間が欲しかったんだなー。
自然の中でのーんびり。
本当に気持ちが良かったです。

そうそう。
河原に向かう時になって
息子の帽子が見当たらないことに
気付きました。
白のキャスケット。
一昨日お出掛けしたときには
被っていたはずなのに
それ以降どうしたのかわかりません。

拙い記憶をたどり
もしかしたら先日行ったテーマパークで
落としたかも・・・と思い
電話をしてみるとこれがビンゴ。
河原遊びの帰りしな
無事に受け取ることが出来ました。

もうひとつ。
今回の帰省で最悪の出来事が。


キッチンで朝食の支度をしていると
「ドタドタドタッガッシャーン!!!」という
凄まじい音がしました。
瞬時に「(息子がどこかから)落ちた!」と感じ
大慌てで探しに行ったところ
なんと息子は
階段の下で号泣していました。

誰も見ていなかったのです。
なので詳しくは解りませんが
どうやら息子は階段をひとりで上り
恐らく2・3段目辺りで踏み外し
落ちてしまったようでした。
階段下のすぐにあるガラス戸にも
ぶつかったようで
それで派手な音がしたようです。

直ぐに抱き上げ
明るい場所で
頭に怪我が無いか確認。
こちらはとりあえず大丈夫そう。
でも目の下にかーなり派手な傷が
出来てしまっていました。
(その後すっごく腫れました。
でも既に殆ど解らないくらいまで
治りました。)

一瞬たりとも目が離せないという認識が
浸透していなかったということでしょうね。
でも
この程度の怪我で済んで
本当に良かったです。

あと一回だけ続きます。
多分。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.09

GWは義実家へ・その2

5月1日から
義実家へ帰省してきました。
三日目からのことを
少し書き記したいと思います。

5月3日・近所をうろうろ

06050301

3日も義実家での予定が
無かったので
昨晩遅くに帰省した義妹も一緒に
ショッピングセンターに
お買い物に行きました。

お蕎麦屋さんで昼食を済ませ
義妹は友達の所へ。
わたしたちは一旦義実家に戻り
今度は義父と合流して
近所のちょっとしたテーマパークへ
行ってきました。

園内では所々で
息子を歩かせました。
息子は歩くこと自体が楽しそうです。
GWの特別企画の猿回しを見た後
犬と触れ合えるスペースへ。
息子は大小様々な犬を見て大興奮。
「わんわんわんわんわん!!!」と
大騒ぎしながら
あらゆる犬をなでようとしました。

自由に歩いている犬には
ことごとく逃げられましたが
繋がれた大きな犬は
向こうのほうがずうっと大人で
息子の乱暴な「いいこいいこ」にも
付き合ってくれました。
見ているこっちがヒヤヒヤするくらいです。
最後にその犬から離れるとき
うっかり耳を踏んでしまった息子にも
チラリと視線を送っただけでした。

息子がここまで犬好きだったとは。
わたしも旦那さんもびっくりです。

息子と遊びながら
園内で作られている
美味しいメロンパンが焼きあがるのを待って
ほお張りながら(まだ息子は
食べられないので
わたしと旦那さんだけです)
その場を後にしました。

次に向かったのは
地元の窯元です。
初めて義実家を訪ねた時に
旦那さん(当時はまだ結婚していませんでした)に
連れてきてもらって以来
大好きになった場所のひとつです。

06050302

ここにくると
何故だか胸がドキドキします。
落ち着いた雰囲気といい
器の姿形といい
何だかぐぐっと迫るものがあるのです。

旦那さんに息子をまかせ
ひとりで隅々みて回りました。
はぁ~~。
溜め息が出るほど
どれもこれも素敵です。

その中でも特に好きなシリーズは
いままでにいくつか買っているので
今回はまた別のものをと
物色していました。
予算的にはふたっつかなー。
でも
みっつの中から決められない・・・。

散々迷っていると
なんと義父が買ってくれることに!
ひゃー嬉しいっ。

06050303

わたしの写真では
その素晴らしさを表現できないのが
残念です。

06050305

そして3日は
わたしの○○回目の誕生日でした。
(ロウソクを立てる前に
写真を撮っておいて良かったー)
旦那さんが買ってくれたケーキを
息子が寝た後
義母・義妹と4人で食べました。
義父が買ってくれた陶器は
嬉しい誕生日プレゼントになりました。

長くなってしまったので
続きはまた。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.05.08

GWは義実家へ・その1

5月1日から
義実家へ帰省してきました。
毎日いろいろありましたが
とても楽しく過ごしてきました。

5月1日・移動

06050101

午後の便で羽田を出発し
一時間ちょっとで
義実家近くの空港に
到着しました。
空港には
首をながーくしていた義父が
二時間以上前に(!)
迎えに来てくれていました。
(義父が空港に着いたとき
わたしたちはまだ羽田にいました。)

・・・でもお義父さん
チャイルドシートは・・・??

義実家に到着してから
チャイルドシートを取り付け
今度は旦那さんと息子と三人で
近くのスーパーに
息子用の食材の買出しに行きました。

今まで一度だって
勝手に冷蔵庫を開けたことの無い義実家で
朝晩息子の食事を作り
食べさせなければなりません。
妙なところに気を使い
夜にはへとへとでした。

5月2日・ちょっと遠出
06050201

2日は義実家での予定が
特に無かったので
旦那さんと息子と三人で
ちょっと遠出してきました。
義実家からは
車で二時間弱です。

0605020206050203

行った先には
こんな妖怪がいっぱい!
うふふっ。

06050204_106050205

気に入った像があると
息子はそれをぺたぺた。
まだ「怖い」とか「気味が悪い」とか
思わないのだろうなぁ。
ただし一箇所だけ
某記念館の中で
電動で動く妖怪の目を見つめ
「ふぇ~~~」と言いながら
わたしに抱きついてきました。
怖いなら見なければ良いのに
どうしても気になるようで
目に涙を溜めながら
息子は何度もその妖怪を見ていました。

お昼は
ちょっと贅沢をして「かにご膳」。
あまりの量で食べ切れませんでした。
義実家へのお土産に
ちょっとした海のものを購入し
帰路につきました。
風が強くてちょっと寒かったけれど
息子も沢山あんよをしたし
初めての場所だったし
とても楽しかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »