« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.30

いないいない・・・いない!

一日一回は
息子に
声を出して笑って欲しいと
思っています。

今日の息子は
「いないいないばあ」が
大層お気に入り。
息子と向かい合い
わたしがタオルを頭からかぶり
「いないいない・・・」と言うと
きゃぁ~~と声をあげ
自らタオルをどかします。
そこでわたしが「ばあ!」と言い
更に息子は大笑いしてくれるのです。

何度かやった後
タオルに隠れながら
両手で顔を覆って待っていました。
「いないいない・・・ばあ!」と
タオルをどかしても
ママの顔が見えないことに
息子は大うけ。
これだけ笑ってもらえると
ママも遣り甲斐があるってものです。


ついさっきも
息子を向かい合わせに座らせ
「いないいない・・・」と言いながら
タオルを被り顔を覆いました。
案の定
息子はきゃあきゃあ言いながら
タオルをどかします。
わたしはまだ顔を覆ったまま
「あれぇ?ママいないねぇ」と
手を外すと
座っているはずの息子が居ません!

なんと
あまりに笑い過ぎて
後ろにひっくり返ってしまい
床(マットが敷いてあります)に
頭をぶつけていました。

きゃー

そんなに笑ってくれて
ママは嬉しいけれど
次からは
後ろにはクッションを置いておこうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.29

夏はやっぱり

今日は
友人Tちゃんのお家に
お呼ばれしてきました。

今日の目的は
なんと『プール』!
お風呂以外で
初めての水遊びです!

プールしようと誘われて以来
わくわくどきどきしていました。
どうやって遊ばせたらいいのかな?
息子はお水を怖がらないかな?
楽しんでくれるかな?

先日作ったバスガウンを
かばんに入れ
ドラッグストアで
水遊び用の紙おむつを購入し
意気揚々と出掛けてきました。

二人分の昼食(ママ用です)を調達し
Tちゃんのお家に着くと
お庭には既にプールが
用意されていました。
昼食を終えて様子を見に行くと
お水も温まり良い感じです。

いざ!

息子に新しい水遊び用おむつ
(しかも初めてのパンツ型!)をはかせ
タオルとカメラを持って
お庭に出ました。

Tちゃんの息子のKくんは
おむつは無し。
可愛い水着を着ていました。

初めは
支えたまま足だけをつけ
特に怖がる様子もなかったので
そのままお座り。
すると
座ったまま水面をぱしゃぱしゃと
叩き始めました。
顔にお水がかかってもへっちゃらです。

何だか楽しそう♪

段々と水に慣れてきた息子は
プールの中でずりばいを
しようとしましたが
油断すると
顔が水についてしまいます。
どうするかな?と見ていると
(勿論いつでも抱き上げられるように
スタンバイしていました)
いつもは数歩しかしない「はいはい」で
プールの中を移動し始めました。

050729_

そのうち
プールのふちやわたしの足に
つかまって立ち上がったり
ふちをがじがじ噛んだり
息子なりに遊べるようになってきました。

Kくんと息子は
まだ係わりあって遊ぶことは
ありませんが
それでもたまたま
隣り合って水面を叩いていたりすると
一緒に遊んでいるようにも見えました。

段々とお水が冷たくなってきたので
一時間弱で引き上げることにしました。
冷房のお部屋だと
身体が冷えすぎてしまうので
お庭のウッドデッキ(素敵♪)で
子どもたちを遊ばせ
そのうち二人ともお昼寝。
目が覚めたところで
お暇してきました。

我が家では
残念ながらプールが出来る
環境ではないし
お風呂場での水遊びとは
訳が違うし
公共のプールにも
連れて行ってあげられないので
(月齢が低いのと
わたしが水着を着たくないので・・・。
でもいつまでもそうは
言っていられないのだろうなぁ・・・。)
今日は貴重な
そして楽しい体験を
させてもらいました。

Tちゃん有り難う!
息子もわたしも
大満足です♪
また遊ぼうねー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.07.28

三年ぶりに

今日は
学生の頃からの友人と
ランチをしてきました。

彼女と会うのは
約三年ぶり。

その三年の間に
彼女は二人目を出産し
わたしは
結婚して息子を出産しました。
積もる話は山ほどです。

三年前は赤ちゃんだった
彼女の上の子は
とても大きくなっていました。
きちんとお話も出来るし
自分できれいにご飯も食べます。
すごいなぁ。可愛いなぁ。
下の子には今日が初対面。
彼女は「うるさくしたらごめんねー」なんて
言っていたけれど
人見知りもせず
にこーっと笑ってくれて
何だかとても幸せな気分に
させてくれました。

一方
うちの息子はというと
ベビーーカーに乗ったまま
レストランでもらった
おもちゃの入ったビニール袋に夢中。
愚図ることもなく
ひたすらビニールをなめていました。
彼女には「大人しいねー」なんて
言われていたけれど
もうほんっと内弁慶なんだから。

お互いの出産の話や
家族の話をしたり
学生の頃の
(大学では運動部のマネージャーを
一緒にしていましたので)
同期や先輩・後輩の
近況を確かめたり。

久し振りなので
話は尽きませんでしたが
お互い子連れなこともあり
少し早めに解散しました。

最後に
子どもたち三人を並べて
写真を撮ろうとしたら
うちの息子だけぐっすり。
折角なので
それでも撮ってきましたー。

Oちゃん(普段「ちゃん」なんて
つけないから変な感じー)
楽しかったよー有り難う!
わたしたちが外出慣れしていないせいで
今日はこちらまで来させてしまったけれど
良かったらまた遊びましょう。
次は
うちの息子の我侭っぷりを
披露しちゃうかも知れないけどねー。

と。
今日も息子とふたりでの
電車移動でした。
ベビーカーと抱っこを駆使(?)して
往復したのですが
何だかスマートではないなぁと
感じました。
帰り道では初めて
妊娠中に作った「ベビースリング」に
息子を入れて
どうにか形になっていたような
気もしますが
それ以外は
何だかあたふたばたばた。

こればかりは
回数を重ねて
慣れるしかないのかなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・

息子を抱っこしたまま
ベビーカーを抱えて
階段を下りようとしているとき
「持ってあげるわよ」と
すっと手を貸して下さった
女性の方
それから
帰りの電車の中で
ふらふらしながら(!)
スリングに息子を入れているとき
「危ないから座りなさい」と
声を掛けてくださった
年配の女性の方
改めて有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.27

今日で9か月

息子が
今日で9か月になりました。

今日は
いつもお買い物に行くお店の
赤ちゃん休憩室にある
身長・体重計で
計ってきました。

身長 70.1センチ
体重 9900グラム

やったー!
身長が
やっと70センチに届きました!
体重は・・・
もうすぐ10キロです・・・。
わたしは
お米の袋を担いで
日々生活を送るのですね・・・。

もとい。

ここ一か月
息子の成長は驚くほどでした。

まず
つかまり立ちと伝い歩きを
あっという間にマスター。
今では
欲しいものがある所へ
すいすいと伝い歩いて
行ってしまいます。
それから
やっとはいはいが出来るように
なりました。
まだ
お腹をつかずに進めるのは
数歩だけなのですが
ちょっと逞しく感じます。

うつ伏せの状態からは
まだ無理ですが
つかまり立ちの姿勢からなら
自分で座れるようになりました。
つかまり立ちをしたまま
床のおもちゃやタオルなど
欲しいものを拾えるようにもなりました。

抱っこ?と聞くと
抱っこして欲しいときは
確実に両手を差し伸べます。
おいで~とわたしが
両手を差し出すと
本人が遊び飽きた時などは
こちらに向かってきてくれます。

わたしをママだと
認識してくれたのかなぁ?と
こそばゆくなります。

体調を崩し
発疹が出来てしまいました。
一歳くらいまでは
出やすいとのこと。
三歳くらいになると
大抵の子は治まるそうですが。

三種混合の予防接種を
受けました。
来月後半に
二回目を受けに行く予定です。

離乳食は
遅れ気味ではありますが
ぱくぱくと楽しそうに
食べてくれます。
時々わたしの顔を見て
にぃっと笑った後
ぶぶぶーっとおかゆを飛ばします。
バナナを初めて食べたときは
気に入ったのか
にっこり笑っていました。

上手く文章に出来ないのが
もどかしいのですが
とても可愛らしい手の動きを
よくやります。
指をタタタンタタタンと
机の上などで動かすのです。
そのちまちました動かし方が
なんとも言えません。

何かを持ったまま移動したり
持ったもの(例えばリモコンなど)で
他のものをガンガンと叩くのが
楽しいようです。
でも
買ったばかりのテレビの画面や
机の上のパソコンを叩くのは
やめて欲しいです・・・。

行動範囲が広がった分
危ない(痛い)思いをすることも
増えてしまいました。
息子のスペースを
広げてあげましたが
それでも
全ての危険を避けることは
出来ません。
いまも
額とまぶたに
ぶつけた後が残っています。

そうそう。
初めてママとふたりで
電車に乗りました。
これからも時々は
電車に乗ってちょっと遠くへ
お出掛けしたいです。

さあ
次は何に挑戦しよう?
ママも協力するよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.26

座れたー

我が家の息子。

最近
毎日何かしら
新しいことが出来るように
なっています。

今日は
つかまり立ちの姿勢から
上手にしゃがみ
おしりを着いて座ることが
出来ました。

片手をテーブルや棚に
置いたまま
もう一方の手で
床の上のおもちゃやタオルを
拾えるようになったのも
ここ最近の出来事。

でも
何をするにも
つかまり立ちの姿勢ばかりだったので
それが嫌になると
うぇーーと泣いて振り返り
助けを求めていました。

立っちの姿勢から
お座りが出来るようになれば
座らせてーと呼ばれることも
減るかな?

なんて思っていたら
うっかりつかまっていた手が離れ
今日もまぶたの上を
ぶつけてしまいました。

前と横に転ぶのは
まだまだ自分では
どうしようもない息子。

色々なことが出来るようになって
楽しいだろうけれど
そんなに急がなくて
いいんだからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.25

尻もち

二・三日前から
息子が
尻もちをつくことを
覚えました。

これはとても嬉しい進歩です!

何故なら
つかまり立ちと伝い歩きが
大好きな息子。
まだまだ自分でバランスを
取ることが出来ないので
うっかり両手を離し
そのまま後ろにばったーん!と
倒れてしまいます。
長座布団を敷き詰めたりして
多少気をつけてはいるものの
一日何回も頭をぶつけるので
怖くて怖くてたまりません。

それが
尻もちを覚えてくれたお陰で
バランスを崩しても
お尻からドスンっと落ちるだけで
済むのです。
それでも
びっくりした息子は
泣いてしまうのですが
頭を打つよりは余程ましです。

勿論
まだまだ100パーセント
尻もちではないので
息子の後ろで
ひやひやしながら見守っています。


ちょっと安心していたら
今日の夕方
テレビに突進した息子が
テレビ台の角に
思いっきり額(眉の上辺り)を
ごっちーーーんっ!!と
ぶつけてしまいました。

ひゃー。

切り傷にはならなかったものの
かなり痛そうです。
一時は赤黒く腫れてしまい
慌てて冷やしたりしました。
息子も凄く泣きましたが
その後は機嫌も良くなり
食欲もあるので
大丈夫そうです。

折角尻もちを覚えても
前に倒れたら意味が無いねぇ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

予防接種「三種混合一回目」

今日の午前中は
息子の予防接種に行って来ました。

今日は三種混合の一回目です。
本当ならもう少し早めに
進めようと思っていた予防接種。
そろそろ受けようかなーという
タイミングで
帰省しなくちゃだったり
風邪ひいちゃっただったり
発疹が出ちゃっただったり。

なかなか思うようには
なりません。
でも
今日ひとつ受けられたことで
少しほっとしました。

掛かり付けの先生が
「○○ちゃん(←息子の名前)
本格的な注射は
これが初めてかー。
ちょっと痛いから
びっくりしちゃうかな?」と。
実は
注射が大っっっっ嫌いなわたしの方が
ドキドキしていたりして・・・。

右腕に針を刺された瞬間は
「?」という感じで
ちょっと驚いた顔をしていた息子。
でもお薬が入りはじめると
「きゃぁぁぁんひゃぁぁぁぁ」と号泣。
三種混合は
続けて受けないとならないから
そのうち恐怖感を
覚えてしまいそうです。

そうそう。
暑い中
車で病院に向かい
到着直後に検温したところ
37度6分もあって
ちょっと焦りました。
出発前自宅で計ったときは
36度7分だったんですと
受付の方に話し
10分ほどして少し落ち着いてから
もう一度計りなおしました。
二回目は37度3分。
37度後半だと
今日の予防接種は受けられないので
受付の方とふたりで
「ママにとっては良かったねー」と
笑ってしまいました。

その後
お買い物をして帰宅。
息子は疲れたのか
ぐっすり眠っています。

さぁ
次は3~8週間後です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.23

大きな地震

今日の午後
旦那さんと息子と三人で
お買い物に行った先で
大きな地震に遭いました。

一旦レジを抜けた後で
買い忘れたものを思い出し
旦那さんと息子に待っていてもらい
ひとりで売り場に戻った時でした。

かすかな横揺れに
「地震かな?」と
軽く思った次の瞬間
結構大きな横揺れが
ぐらっと来ました。
地下一階の食品売り場は
結構混雑していましたが
あちらこちらから
きゃぁぁ
という声があがりました。

あまりの揺れにびっくりして
買い物をやめて
旦那さんと息子の所へ
走って戻りました。
揺れが収まっても
かなりドキドキしていました。

外出先で大きな地震に遭うのは
自宅でのそれよりも
かなり怖いと感じました。

地震の多い地域に
ずうっと暮らしていますが
怖いものは怖いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手作りピザ

今日のお夕食は
手作りピザ。

といっても
生地作りは
ホームベーカリーにお任せなので
とても簡単です。

このホームベーカリー。
結婚のお祝いにと
旦那さんの会社の方々から
頂いたもので
大変気に入って
毎日のように使っておりました。
ところが
つわりの時期に
パンの焼ける匂いが駄目になり
それ以来使っていませんでした。

それが
旦那さんの思いつきで復活。
ドライイーストなども買い揃えたので
これからは
もっと頻繁に使おうかなと思います。

050723_050723_

左の写真は
ホームベーカリーで出来た生地を
30分ほど寝かせたところ。

イースト菌の香りと
ふかふかな生地が
心地良かったです。

完成したピザはわたし作のもの。
ミディトマトとモツァレラ
ブルーチーズとモツァレラ
サラミと生ハムの三種類です。
どれもとても美味しかったです。
個人的には
トマトのところが気に入りました。

遊び感覚でトッピングをしたりして
とても楽しかったです。

また作ろうねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きな女の子

某育児サイトで知り合った
ご近所の(もと)妊婦さん。

先日
無事に大きな女の子が
産まれました。
今はご自宅に戻り
ママ・パパ・あかんぼちゃんと
三人での新しい生活を
スタートしたとのことです。

彼女は
里帰りせず
自分たちだけで頑張るそうです。
幸い安産だったそうで
身体もそーんなには辛くないと
言っていましたが
それでも出産は大仕事。
ここはひとつ
旦那さんに頑張っていただいて
最初の3か月を
乗り切って欲しいです。

お産のスタートが
微弱陣痛で大変だったみたいだけれど
そのお陰で
旦那さんにも立ち会えてもらえたし
なにより
待望のあかんぼちゃん。

本当におめでとう!
あなたのあかんぼちゃんが
外出できるようになったら
一緒に遊びましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.22

21日は育児教室

昨日(21日)は
自治体主催の育児教室でした。

恒例の身体測定。

身長 68.0センチ
体重 9840グラム

あれっ?

6月29日に測定したときは

身長 68.5センチ
体重 9350グラム

体重は兎も角
身長が縮んでしまいました。

えええええ。
それでなくても
体重が先行しているのにぃ。

とは言いつつも
あかんぼの身長測定って
結構いい加減なので
縮んだ分はさほど気にしていません。
でも
ちょっと伸びてたら嬉しかったなあ。

育児教室では
ママとあかんぼちゃんの
関わり合える遊びを教えてもらったり
絵本を紹介してもらったり。
それから
20組くらいのママさんとあかんぼちゃんが
三つのグループに分かれて
悩み事の相談や雑談をして
過ごしました。

一緒に出席していた
ママ友さんたちとは
グループが別れていたので
終った後に少しお喋りして
それから解散しました。

育児教室に行く
一番の理由は
ママさんたちとの情報交換です。
それから
身体測定も楽しみのひとつ。
欲を言えば
もう少し
色々な遊びを教えてもらえれば
嬉しいのですけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.20

はいはい出来ました

今まで
移動手段といえば
ずりばいだった息子が
今日初めて
「はいはい」をしました。

お座りの姿勢(これは
まだ自分では出来ません)から
少しずつ前に両手を伸ばし
お腹を浮かせたまま
膝を付いて一歩・二歩・三歩。
数歩動くと
今までのように
べたっと潰れてしまいますが
何回か試してみても
同じようにはいはいをしました。

ちょっと時間がかかったけれど
今日が息子の
はいはいのタイミングだったのかな。
もう少し上手になったら
息子の服のお腹ばかりが
汚れることもなくなりそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.07.18

有楽町は楽し~(本編)

結局
また風邪を引いてしまいました。
幸い大した熱も出ず
喉が腫れて
イガイガして
気分が悪くて・・・で
どうにか治りそうです。

息子を出産して以来
よく風邪を引きます。
その度に
「何だかよわっちくなったなぁ」と
自分の体力の無さを
情けなく思う次第です。


前置きはさておき。

そもそも
三連休は久し振りに全部休めるーと
旦那さんと喜んでいたのに
直前になって
土曜日は会社に行くことになり
しかもそれが
ほんの小一時間で済むそうで
それなら折角だから
待ち合わせをして
都内で遊ぼう!ということになったのでした。

旦那さんは先に出発。
わたしと息子は
離乳食など済ませてから
後を追いました。

息子と二人きりで電車に乗るのは
これが初めて!
ベビーカーが邪魔にならないように
スマートに移動出来るように
色々試行錯誤しながら
有楽町へ向かいました。

電車の中では
三路線で二回
声を掛けて頂きました。
まずシルバーシートに座ってらした
おじいさんに席を譲っていただき
次は七人掛けの端の席が空いて
そこに座ろうとしていた男性に
「座る?ここ座りなよ」と
譲っていただきました。
(折り畳んだベビーカーを
支えないとならなかったので
端の席は助かりました。)

旦那さんを待っている間
ウインドウショッピングをしていたのですが
ベビールームの少なさに唖然としました。
大きなデパートなのに
「用意がございません。」って。
乳幼児を連れてお買い物をする女性って
沢山いる筈なのに・・・。

もとい。

旦那さんと合流し
「有楽町リプトンコーナー」でお食事。
ここは
妊娠中から行きたいと思っていた場所で
ケーキやパスタやサンドイッチの
食べ放題のお店です。
お腹一杯食べて満足しても
お店を出た途端に
また行きたい!という感じでした。

それから。
先日故障したビデオデッキが
修理すると新品を買うよりも
高くなってしまうそうで
(しかも結構痛んでいたそうです)
処分しますか?と
預けていた電気屋さんから
電話をもらっていたので
それなら新しいものを
ひとまず見に行こうかと
駅前の某大型家電量販店へ。

ところが
ひとまず見に行ったつもりが
結局購入してしまいました。
思っていたよりも安かったのと
店員さんの親切な説明に
満足したのとで
良いお買い物が出来ました。
「ハードディスクDVDビデオ一体型レコーダー」
(ややこしい・・・)は
買い換えるならこれかなーと
(旦那さんが)思っていたもので
まだまだ使い方が解りませんが
使うのが楽しいです。

その後
予定にはなっていなかったのですが
急遽
デジタルカメラを買ってもらっちゃいました!
もともと
何か好きなものを買ってあげると
言われており
ミシンかデジカメで迷っていたのですが
息子の毎日を気楽に記録するのに
必要だと最近思っていたので
ここで即決。
色々機能など調べると
どんどん解らなくなってしまいそうなので
気になったものいくつかを
店員さんに説明してもらい
納得して決めました。

こちらもまだまだ
使い勝手が解らず
しかも
普段使っている
アナログ一眼レフに比べて
気楽に撮ってしまう為
駄作が増えるばかりです。
これでは
折角のカメラと買ってくれた旦那さんに
申し訳ないので
少しずつ勉強して
もっときちんと使いたいと思います。


こんな感じで
久し振りに都内で遊んできました。

ちなみに
連休の後半は
体調が悪いにもかかわらず
息子の活動範囲を広げるべく
お買い物&模様替え&大掃除を
しておりました。
身体的にはきつかったけれど
気持ち的には
とても充実した連休になりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.16

有楽町は楽し~(予告編)

今日は
銀座・有楽町周辺で
遊んできました。

初めて
息子と二人きりで電車に乗ったり
美味しいものを食べたり
イイモノを買ってもらったり・・・と
私的には盛り沢山の一日でした。

が。

帰宅後
ちょっと調子が悪いです。
喉は痛いし
鼻はグズグズするし。
(わたしがです。)

そういえば
昨晩ちょっとだけ
息子の鼻もグズグズしていました。
もしかしてまた風邪ひいちゃうの?と
恐々熱を測ってみたり。
(結局熱はなかったのですけれども。)

ああん。
こんな風に
楽しく遊んだのって
久し振りだったのに。

という訳で
明日元気になっていたら
もっと細かく
ぐだぐだと
書き残す予定です。

うぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.15

もうすぐママになるあなたへ

某育児サイトで知り合った女性が
間もなく出産の予定です。

知り合ったといっても
サイトを通じての
メッセージ交換のお付き合いのみ。
でも
住まいが近かったり
通っている産院が一緒だったり
他にも共通点が色々見つかって
とても親近感を持っています。

彼女は初産。
わたしが息子を出産した時に感じた
不安や恐怖を
彼女も同じように感じているのが
文章から
痛いほど伝わってきます。

そこでわたしは
如何に彼女が
リラックスして
出産に臨めるかを
色々と考えてきました。
思い出すのは
わたしが出産を控えていた頃に
友人・知人に言われて
嬉しかった言葉の数々です。

「陣痛は痛いけれど
産んだ瞬間に忘れちゃったー」
「思っていたより
全然痛くなかったし
案外どうってことないよ」
「お産の前はしっかり食べてね」
「わたしも(あなたの出産を)
自分のことのように
楽しみにしているんだよ」
などなど。
いまになって思い出しても
有り難かったなぁって思います。

だって
「陣痛って滅茶苦茶痛いよー」だなんて
(まあ確かに痛いのですが)
そればかりを繰り返されると
恐怖心ばかり煽られて
良いお産になんて臨めませんもの!

わたしは
ありったけの『嬉しかった言葉』を
心を込めて彼女に伝えました。
それがどれだけ
彼女の役に立つかは
解りませんが
少しでも力になれたらと
そう思っています。

それらの言葉が
あの日わたしを支えてくれたように。

彼女とは
毎日のように
メッセージ交換をしています。
それが途切れた頃
彼女は待ちに待ったご対面を
果たしていることでしょう。

頑張ってね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.14

冷や汗かきました

昨晩から今朝にかけての
出来事です。

眠っていると
どこかから
聞きなれない音が
聞こえてきました。

・・・どん
・・・どんどん
・・・どんどんどん
・・・どん

何の音だろう?と
考えているうちに
薄ぼんやりとしていた
思考回路が
段々動き始めました。

ん?
この音は
和室のふすまを
悪戯している音みたい。
ということは
息子が起きたのかな?
うーん
それなら起き上がって
授乳しないと・・・


ベビーベッドに寝ている(はずの)
息子を見ると
息子は
ベッドの柵につかまって
片手でふすまを叩いていました。
ベッドの柵からは
息子の上半身が出ています。

きゃーっ
落ちるっ!!!

一気に目が覚め
「何やってるのーっ」と
息子に声をかけると
息子は嬉しそうににっこりと
笑い返してくれました。

いや
笑っている場合じゃ
ないんですけど・・・。

授乳をしながら時計を見ると
早朝4時でした。
暫く迷ったのですが
次に息子が目を覚ましたときも
絶対につかまり立ちを
するであろうことも
それにわたしたちが気付かなければ
いつか息子がベッドから
転落するであろうことが
容易に想像出来たので
隣に寝ていた旦那さんを起こし
事情を説明して
ベッドの底板を低くする為の作業を
やってもらいました。

作業が終わり
旦那さんは再び就寝。
わたしは
すっかり目が覚めてしまった息子に
その後一時間近く
お付き合いしていました。

それにしても。
転落事故がおきてから
気付いたのでなくて
本当に良かったです。
久し振りにぞっとしました。

今日はもうひとつ。

夕方
わたしに背を向けて遊んでいた息子。
「ぉぇ」と聞こえたので
何?と調べてみると
ハイローチェアに貼ってあった
手のひら大の紙を
破いて悪戯していました。

取り上げてみると
一部足りません。
もしや・・・と思い
息子を寝かせ
口の中に指を入れると
小さな紙片が出てきました。

こんなの飲み込んでも
美味しくないですよー。
それに「ぉぇ」ってあなた・・・。

これだから
本当にもう
目が離せません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.13

歯医者さん・・・あれ?

今日は
一週間ぶりの歯医者さん。
勿論
息子も一緒に行きました。

午後一番の予約でしたが
到着すると
年配の女性がひとり
先に待っていました。

少し離れた場所に座ったのに
息子はその女性を
凝視しています。

あかんぼって
どうしてこうもじぃっと
見つめるのでしょう。

視線に気付いた女性が
「まだお誕生日ではないの?」と
声を掛けて下さいました。
「はい。8か月です。」というと
「良く太っているわねぇ」と
お褒めの言葉(?)を頂きました。

その女性。
先に診察に呼ばれたのですが
「赤ちゃん連れだと大変でしょう?
先に診ていただいたら?」とまで
言って下さいました。
院内が暑くて
息子が愚図りそうだったからだと
思いますが
「大丈夫です。有り難うございます。」と
丁重にお断りしました。
(結局わたしもすぐに呼ばれました。)

見ず知らずの年配の方に
暴言を吐かれた・・・といって
ショックを受けるママさんの多い中で
このように
優しく気遣っていただけるのは
本当に嬉しいです。

それなのに
治療が始まれば
また
息子が号泣して
迷惑をかけてしまうのだろうなぁ・・・と
心苦しく思っていたところ
今日の息子はどうしたことか
「うぇぇぇん・・・」
「ひゃぁぁぁん・・・」ともに
勢いがありませんでした。

あれ?
いつもと違ーう。

確かに泣いてはいるけれど
ちょっと拍子抜けという感じです。
衛生士さんも
「今日はあまり泣かなかったわねー。」と
言っていました。

歯医者さんに
やぁっと慣れてきたのかな?
それとも
いくら泣いても
ママがあの椅子から降りないと
構ってもらえないんだって
気が付いたのかな?

いずれにせよ
もう少し通わないとならないので
ちょっとほっとしました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.07.12

移動児童館

近所のママ友さんに誘われて
児童館へ行って来ました。

といっても
常設の児童館ではなく
時々
近所の市民センターに
市の職員(と思われる)方が
おもちゃを持って来てくれたり
月齢の大きな子たちの
集まりでは
踊りや遊びを提供してくれるというもの。

わたしも
その存在を最近知り
興味があったので
昨晩から楽しみにしていました。

ところが。
身支度を整えている最中に
息子は熟睡。
直ぐに起きるだろうと
待っていても
ちっとも起きてくれません。
結局
約束の時間に
30分も遅れてしまいました。

到着すると
既に歌と踊りが始まっていました。
ホールの中には
数え切れないほどの
ママとあかんぼちゃんが。
二歳に近い子たちは
歌ったりお遊戯したり。
月齢の低い子は
部屋の隅で並んでお昼寝。
わたし達のグループは
全体のお遊戯にはまだ
ついていかれないので
おもちゃを借りて
それぞれ遊ばせました。

我が息子は
特に場所見知りも人見知りも
する様子ではなかったのですが
何か違うと感じたのか
わたしの傍を離れず
ブロックのおもちゃを
みっつほど借りて
ずうっとかじっていました。

050712_終了の時間になり
散らばったおもちゃを
片付ける段階になって
急に名残惜しくなったようで
おもちゃのケースに
がしっとつかまり立ちをし
おもちゃを物色しておりました。
(その時の写真です。)

その後
みんなで近くのファミレスに移動し
ランチしました。
みんな
日中あかんぼと二人きりで
過ごすことが多いので
悩み事を話したり
離乳食の相談をしたり。

そこでは
とても話し足りなくて
暫く道路で話していたら
近くのママさんが
ご自宅に招待してくれたので
そこでまたおしゃべりしてきました。

そうそう。
今日は以前作った服を
着せて出かけました。
みんなが直ぐに手作りと
気付いてくれて
ちょっと嬉しかったです。

初めは
みんな既に仲良しそうで
馴染めるかなぁ・・・と
思っていましたが
回を重ねる毎に
話しやすくなってきていて
心強い限りです。

近々ある育児教室や
常設の児童館へ行く予定も
増えました。

こうして
少しずつでも
「引きこもり親子」から
脱出できたら・・・と思います。

息子の為にも
自分の為にも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.11

バスガウン

050711_

お風呂上りの息子。
着ているのはバスガウンです。
(機嫌が悪くって
泣いております。)

息子をお風呂から上げて
わたしが上がるまで
今までは
バスタオルを巻きつけて
転がしておいたのですが
最近は少しもじっとしておらず
体がぐるぐる巻きの状態で
寝返りをうったりするので
必要に迫られて
作りました。

作り方はいたって簡単。
ミシンがあれば
一時間もかからないと思います。
(実際は手縫いの為
かなり時間が
かかってしまいました。)
服を作るときは
どうしても無難な色柄を
選んでしまうので
これなら誰にも見せないしーと思い
(ここで公開しちゃいましたけれども)
こんな派手なものを選びました。

これで
お風呂上りに
息子の寝返りを
慌てて制止せずに済むかな?

他にも
作りたいものが
沢山あります。
早くしないと
夏が終っちゃうー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.07.09

命日。

今日は母の命日でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝からとても暑い一日でした。

出勤前の身支度を整えていると
電話が鳴りました。
相手は
前日から病院に泊まってくれていた
伯母でした。

電話を受けた弟が
「『早く来い』だって!」と大きな声で
わたしを呼びました。

それまで一度だって
元気になった母を連れて帰ることを
疑ったことなど無かったのに
電話の呼び出し音を聞いた途端
これから起きる出来事が何なのか
一瞬にして
頭の奥深い所で
感じていたのを覚えています。

急かす弟を横目に
わたしは
母が一番好きだった形に
髪を結いました。
いつもより
少しきつく。

車で10分程度の
通いなれた病院に着くと
時間外受付のある裏口から
エレベーターに乗りました。

母には
もう殆ど意識はありませんでした。
廊下に呼び出され
前の晩遅くにわたしが帰宅してからの
経緯の説明を受けている間に
母の意識は無くなってしまいました。

母には
最期まで
自分は回復するのだと
信じさせてあげたかったから
その瞬間まで
わたしの口から
別れの言葉も
感謝の言葉も
出ては来ませんでした。

かと言って
これまで本当に頑張ってきた母に
これ以上「頑張れ」なんて
言いたくありませんでした。
だからわたしは
ただ黙って
その瞬間を迎えました。

自分が病気だということで
詮索されたり
同情されたりするのを
物凄く嫌がっていた母。
それをわたしは良く知っていたので
これでもう
母は
誰かに噂話をされたり
無理して元気な風に装ったり
身を隠すように
病院に通ったりしなくて済むんだと
そう考えていました。

もう
痛い思いも
辛い思いも
しなくてすむんだね
と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしは母が大好きでした。
他界した今でも
わたしは母が大好きです。

息子が産まれ
わたしも初心者ながら「母親」になりました。
息子の為にも
もっとしっかりしなくちゃと
思う一方で
母・娘・孫の3人で
ああでもない
こうでもないと
お買い物をしている人たちを
見たりすると
心の底から羨ましいと感じてしまいます。
友人たちが
「実家の母がね~」と話すのを聞く度に
寂しくなってしまいます。

早くに逝ってしまった母を
攻めるつもりは毛頭ありません。
でも
心のどこかで
「どうしていてくれないの?
いてくれたら良かったのに」と
思ってしまうのも事実です。

一年のうち
いまの時期だけ。
暑くなりはじめた頃から
七夕の短冊飾りを
片付ける頃までは
ちょっとだけ感傷的に
あの日の事を思い出します。

今日は
旦那さんと息子と三人で
お墓参りに行って来ました。
墓前には
既に
母の好きだった花ばかりが
供えられていました。

お母さん。
今日はね
とても涼しかったんだよ。
こんな陽気なら
いつもの年よりも
少し長く
大好きな花が楽しめるんじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.08

続いてビデオデッキが

ついこの間
テレビが壊れてしまい
新しいものを購入したばかりなのに
今度は
ビデオデッキが
壊れてしまった様子。

昨晩
帰りの遅い旦那さんと
後で一緒に観ようと思っていた
ドラマをタイマー録画。
タイマーの設定までは
いつも通り出来たのですが
いざ録画が始まると
聞きなれない音がして
電源が切れてしまいました。
慌てて手動で録画したのに
やはり電源が切れてしまいます。

えぇぇ。
今度はビデオデッキですか・・・。

近々
わたしの好きなものを
何か買ってもらえる予定だったのにぃ。
(旦那さんの好きなものは
既に購入済みです)
先延ばし?
それとも
却下?

ミシンにしようか
デジカメにしようか
悩んでいたのも
無駄になるのかしらん。

電化製品って
どうして続けて
駄目になってしまうのでしょう。

ビデオデッキの次は
炊飯器かな。
それとも洗濯機?
冷蔵庫も怪しい・・・。

嗚呼
怖い怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.06

伝い歩きと定番の悪戯

最近
つかまり立ちが
楽しくて仕方の無い様子の息子。

今日は
ソファにつかまり(寄りかかり)ながら
二歩・三歩と
初めての伝い歩きまで
披露してくれました!

後ろにひっくり返ってしまわないか
ドキドキしますが
一生懸命な息子の姿を見ると
手も出せず
ただ見守っています。

そのソファの端のほうには
まだ手が届かなかったので
息子に悪戯されたくないものを
まとめておいてあるのですが。

洗い物をしているとき
妙に静かだなぁと思い
振り返ると
いつの間にか
そこから
育児ノートと箱ティッシュを
床に引きずり落とし
わしゃわしゃと
悪戯していました。

あかんぼって
どうしてティッシュを引っ張り出すのが
好きなのでしょう?
誰に聞いても「うちもやられたよー」という
答えが返ってきます。

さて
息子の行動範囲が
また広がりました。
そして
ますます
パパとママは
隅っこに追い遣られています。

そうそう。
今日は二週間ぶりの
歯医者さんでした。
勿論息子は号泣しました。
んもう。
声がかれるまで泣かなくたって
直ぐに終るのにー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドーナツ

グラスと扇子が欲しくて
先週末から
ドーナツ屋さんに
通い詰め。

無事に
グラスをふたつと
扇子をひとつ
手に入れました。

こんな風で良いのかしらんと
思わないでもありませんでしたが。

ドーナツは
美味しくいただきました。
うまうま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.05

痛いってば

二週間ほど前の嘔吐を切っ掛けに
体調を崩していた息子ですが
今週になってやっと
すっかり元気になりました。

昨日は大雨の中
一瞬迷ったのですが
意を決して小児科へ。
殆ど待ち時間なしで呼ばれ
「これで今回は
もう大丈夫ですよ」の言葉を
頂きました。

ほっ。

とまあ
元気になってくれたのは
何よりなのですが。

動けなかったのが
すっごくつまらなかったんだよー
とでも言うように
息子は以前にも増して
かなり活発に動き回っています。

なかでも
つかまり立ちは
彼の中でかなりのブームのようで
暇さえあれば立っち立っち。

彼が支えにするのはわたしの
腕や足だったりするので
右手でつねっ
左手でつねっ

至る所をつねられています。

あかんぼとはいえ
物凄い力です。
小さな指でぎゅっとされるので
それはもう痛いの何の。
首筋や内腿や二の腕(の内側)を
遠慮無しにつねられると
あかんぼ相手と解っていても
「痛いってばーっ」と
本気で訴えてしまいます。

はっ。

つねられるだけの
余分なお肉があるのが
いけないとか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.03

息子の湿疹

今朝目が覚めると
息子の湿疹は
素人目にも回復に向かっているのが
一目でわかる程度になりました。

明日もう一度
小児科に行く予定ですが
これでおしまいになりそうです。

良かった良かった。

これで
離乳食も進められるし
予防接種の予定も立ちます。
友達のお家にも行かれるし
ちょっと足を伸ばしたお買い物にも
出掛けられます。

何より
息子の元気な顔が
一番嬉しいです。
楽しそうに立っちの練習をしたり
ずりばいで動き回ったり
悪戯したり。

表情も生き生きしています。
これぞ我が息子!という感じです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.07.02

ひじが痛い・・・

ひじが痛いのです。

気が付いたのは
昨夜遅くだったか
今朝早くだったか
定かではありませんが
兎に角痛いのです。

痛いのは右側だけ。
伸ばすとズキッ
力が入るとズキッ
自分の身体を支えられないだけでなく
例えば
液体石鹸を出すための
ポンプ(?)を押すだけでも
痛みが走ります。

嫌だなぁ。
どうしよう。

接骨院にでも行こうかなと
思いましたが
息子を連れての通院が
かなり大変なのは
毎週の歯医者さん通いで
既に証明済みなので
ちょっと躊躇しています。
しかも
こういう痛みの治療って
長引くんですよね・・・。

ひとまず
湿布を貼って
様子を見ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.01

今日も通院

今日も
息子を連れて病院へ
行って来ました。

風邪の症状は
もう大丈夫だそうです。
湿疹についても
真っ赤だった色が
茶色に変化してきており
もう少しで治るでしょうとのことでした。

同じお薬で様子を見て
月曜日に再診です。

そうそう。
息子の足を中心に
数箇所変な赤いぽつぽつが
出来てしまっていたので
それも見て頂いたところ
蚊に刺された痕だと言われました。

蚊に刺されただけで
こんなふうになっちゃうの?と
ちょっと驚いています。

たまたま
前回頂いた軟膏を
付けていたのですが
その薬をつけていたのに
それだけ腫れたとなると
虫刺されには相当弱いよーと
いうことでした。

蚊め!
無抵抗な息子を狙うなんて
卑怯だぞー!!

それにしても。
初めは予防接種の為に・・・と
通っていた小児科でしたが
今回のことで
すっかり掛かり付けに。

早い時期に
安心して診て頂ける先生に出会えて
良かったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »