« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004.02.25

電池切れ。

勤務先からの帰り道
車を運転しながら
何だか自分が物凄く
疲れていることに気が付きました。

何と言うか
まあ
電池切れの状態です。

さて
どうしたら復活するかしらん。

時々あります。
こうして
「電池が切れたなあ」と
思う瞬間。
そんな時は自然と
甘い物が欲しくなります。

で。
「ダイエット○○○」を買って帰りました。
炭酸が抜けてしまう前に飲み切るのが
結構大変な代物ですが
カロリーが気になる身としては
結局これが一番(のような・・・)。

明日は幸い仕事もお休みなので
家事でもしながらのんびり過して
電池を充電させようと思います。

ちなみに
この子も電池切れです。↓

040225_purimo.jpg

ホームセンター行かなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.22

シービスケット

昨日のことですが。

日比谷へ
『シービスケット』を観に行ってきました。
以前から行こう行こうと言っていて
やっと実現したものです。

感想は。
とても良い映画でした。
最近観た中でも
かなり良かったと思います。

ここ一年くらいですが
競馬場に行くようになったこともあり
余計に感情移入したように思います。
映画を観て
久し振りに泣いてしまいました。
(隣りで旦那さんも泣いたらしい。)

19時からの上映だったこともあってか
お客さんはとても少なかったです。
その殆どが
何と言うか
お行儀の良いお客さんばかりで
そう言う意味でも
気分良く観賞出来ました。

また面白そうな映画があったら
是非行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.20

日比谷公園

先日の日曜日(15日です)は
新橋・有楽町・銀座方面へ。

新橋は主に旦那さんの用事。
銀座では
先日結婚祝を頂いた方々への
お返しの購入と
友人への出産祝いの購入に行きました。

日比谷公園を歩いていると
大噴水の水しぶきが風にあおられ
太陽の光を受けて虹を作っていました。

その様子があまりにきれいだったので
慌てて携帯電話のカメラでパチリ。
横では旦那さんが
「虹なんて写るわけないよー。しかもその携帯
たかだか30万画素でしょ?」と言っています。

「写るよー」と言い張ると
「じゃあ写ってたら100円あげる」と旦那さん。

その時の写真がこれです。↓

040215_hibiyakouen2.jpg

ね。
写っていますよね
虹。

その後10円カレーで有名な「松本楼」で
昼食を摂ろうと思いましたが
少々混んでいた為
今回は残念ながら諦めました。

何度も目にしていますが
未だ入ったことがありません。
是非一度
行ってみたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野公園

上野公園へ行きました。

と言っても
先週の土曜日(14日・バレンタインデー)の
ことですが。

旦那さんのお買い物にお付き合い・・・
だけではつまらなかったので
少しだけーと上野公園のほんの入り口付近を
散策してきました。

随分久し振りの上野公園。

記憶にある限り
小学校(幼稚園??)以来かもしれません。

早咲きの桜のつぼみが
もうほころび始めていました。

でも
今はまさに梅の季節。
ここでも紅梅が見事でした。

040214_koubai.jpg

旦那さんの宣言通り
お目当ての商品を買って
ほんの数分で帰宅の途に。

今度はもっとゆっくり歩きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.18

への道・5(気にしますか?)

実際に式場を見学してみて
結婚式への良いイメージが出来つつあった
我々夫婦ですが
またもモメゴトになってしまいました。

大体こんな感じで・・・という連絡を
義父母にしたところ
(実際に電話したのは旦那さんですが)
「“先勝”の日は駄目」と言われてしまったのです。

先日
わたしの都合(サッカー観戦)で慌てて
予定を変更してもらい
改めて仮押さえした日程だったのに・・・。

でも
旦那さんの実家の方ではなく
東京で式をすることには
納得していただいたので
その意見を受け流すことも出来ず
もう一度日程を検討し直すことに。

その日以外でどうにかなりそうな日を
何日か候補に上げて相談したところ
(この時点でサッカーは諦めました・・・しくしく)
「○○日の大安は良くない」
「○×日の友引もちょっと・・・」
「○△日の先勝は絶対駄目」といった具合で
全滅してしまいました。

これ以外の日程となると
一ヶ月以上の前倒しか
仕事の都合で
五ヶ月以上先になってしまいます。
それではあまりにも・・・なので
この中のどれかで納得していただくように
お願いしました。

結果
満点ではないけれど大安の日なら・・・と
いうことで
日程がほぼ決定となりました。

はあ。長かった。
でもこれで一安心です。
日程が決まらないことには
具体的に何も出来ないでいましたから。

現在の段階では
まだ仮押さえということになっています。
恐らく
今週中くらいには
もっときちんと決めることになると思います。

余談ですが。
わたしの父に連絡したところ
全くなんの問題も無さそうでした。
大安とか仏滅とか
一切口にしていませんでした。
母は既に他界していますが
恐らく母もそういうこと(陰陽道?)には
あまり関心がなかったと思います。

勿論
自分たちが気にしていなければ
関係ないと思いますが
それを気にしている人たちにも
納得していただける日にちであれば
それに越したことはありませんよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.17

一大事!

昨日の夜のことです。

ふと何気なく愛犬の顔をみると
何だか右目の下あたりが
赤くなっているような・・・。

傍に呼び寄せてじっくりと見ると
下だけでなく上まぶたも赤く
しかもぷっくりと腫れてしまっていました。
擦り剥いたような傷ではなくて
それこそぷっくりと
例えて言うなら“ものもらい”のような感じで
そっと触るとぷくぷくしています。

本人(犬)はそれ程痛がる様子もなく
少しの間そのままにしておきました。

ところが
良くなるどころか
数分の間に
左の目のまわりまでぷっくり。

思い当たることといえば
我が愛犬は少々目が弱く
ストレスが溜まると結膜炎をおこすことくらいです。
でも
それとは明らかに症状が違います。

もしかして。
夕方から夜にかけて
粗相をしてしまった為にケージから出られず
それでも自力でケージを乗り越えようと
かなり奮闘していたので
(我が愛犬はケージを
まるで梯子を上るように乗り越えます。
その為普段からケージの屋根代わりに
網を張っている次第です。)
その時に
高い所から落ちて顔をぶつけたのかも
知れません。

左右の目の大きさが違って見えるほど
腫れ上がってしまったまぶたをみて
旦那さんは
「明日(今日のこと)仕事休んで
病院に連れて行ったら?」と言い出す始末。
仕事は休めないにしろ
このままだったら病院に連れて行かないと
ならないだろうと思いつつ
既に夜中だったので
夜が明けないことにはと
ひとまず就寝しました。


今朝。
いつものようにわんわんと吠える
愛犬の顔をみると
昨夜のあれはなんだったのでしょうか
すっかりいつもの愛犬でした。
安心して仕事に向かい
帰って来てからまた確認しましたが
いつもの顔に戻っていました。

本当に良かったです。
あまり心配させないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.15

への道・4(大喧嘩)

数ヶ月後の結婚式に向けて
(あくまで予定ですが)
11日は
かねてから予定していた
会場見学の日でした。

二ヶ所見せていただくことになっていて
さて何時に家を出ましょうか
くらいのタイミングで
なんと
またもや大喧嘩になってしまいました。

原因は。
旦那さんの親戚一同に
東京に来ていただくなんてことが
本当に出来るのか否かということです。
飛行機で1時間と少しの場所ですが
積極的に出て来てくれないのでは・・・と
旦那さんが言い出したのです。

こちら(関東)で挙式・披露宴をした場合
わたしの親戚の方が集まりやすくなります。
当然友人達も。
旦那さんのご両親はじめ親戚の方々に
わざわざ出て来ていただくのは申し訳なく
それだったら
あちらでした方が良いのかもしれません。

となると
関東での結婚式を望むのは
単なる我侭なのかもしれません。
でも
諸々の事情を考慮した結果
やはりこちらでしたほうが合理的なのでは?と
結論が出ていたと思っていたのに
いざ出掛けるという段階になって
旦那さんの実家の方で・・・と言われても
困惑してしまいます。
可能性としてはゼロではないにしろ
現実的には少々厳しいし・・・。

とまあ
こんな話をしているうちに
お互いに語気が強まり始め
「もう見学なんて行かない!」という展開に。

・・・結局
予定より数時間遅れたものの
ふたりで出掛けて来ました。
兎に角
挙式・披露宴に関して何も解らないので
見てみないことには始まらないだろうと
長い時間かかって結論を出したのです。

それぞれの会場で
式場・披露宴会場などの見学をし
ある程度具体的な料金の話を聞いているうち
帰る頃には何だかすっきりとした気分に
なっていました。
(旦那さんはどうだったのかしらん。)

上手く表現出来ませんが
きっと
どうにかなると思います。
結婚式の話をする度に
何故か喧嘩になっていますが
二人にとって想い出に残る結婚式が出来たら
と思う気持ちは
一緒だと思っていますので。

ちなみに
はじめに見た会場よりも
2番目に見た会場の方が
感じが良かったです。
こじんまりと可愛らしい感じが
個人的には気に入ってしまいました。

本当に実現するのかな・・・。
ほんの少しの不安も残しつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.13

甘えん坊

先程から
愛犬が異常なくらい甘えています。
くぅーんなんて声を出しながら
椅子の周りをウロウロウロウロ。
傍から離れようとしません。

実は
入浴中に旦那さんから電話があって
「今夜は帰れない」などと
ふざけた留守録が残されていました。

その意味が解ったのかどうかは
定かではありませんが
留守電を聞いて明らかに不機嫌に
なっている飼い主を見て
不安になっているのかも知れません。

今も
「ねぇねぇ。僕は何も悪いことしてないよ?」
とでも言いたそうに
足元からこちらを見上げています。

もう少し構ってあげたいけれど
明日も早いのでそろそろ消灯時間です。
彼は勿論自分の部屋(ケージ)でオヤスミです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.11

記憶に残らない日曜日

ふと
先日の日曜日に
自分が何をしていたのかが
気になりました。

買い物に行った?
遊びに出掛けた?
掃除?洗濯?
美味しいもの作った?

・・・どれもこれも当てはまりません。

細かいことなどを辿っていって
はたと気付きました。

ああ。
風邪のひきはじめで
今週の仕事に差し支えるといけないから

パジャマのまま
一日中ぐったりしていたのでした。

つまらない日曜日。
記憶に残らなくて当然なのかも。

日曜日を1日犠牲にしたおかげか
仕事に支障のでそうな体調不良からは
無事脱出出来ました。

明日(11日のことです)はお出かけ。
仮押さえをした式場を二ヶ所
見学してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.06

への道・3(ほっ)

本当なら
その日毎に『結婚式“への道”』を
書きたかったのですが
今週は何だか慌ただしかったので
まとめて書いている次第です。

で。
翌2月2日に先方(紹介所?)へ電話連絡したところ
昨日(1日)仮押さえした式場二ヶ所は
偶然にも
どちらも変更した日程での会場の確保が
出来ました。

一安心です。

そこで次のお仕事。
自分が招待するつもりでいる親戚や友人を
紙に書き出してみました。
以前招待してくれた友人たちには
是非出席して欲しいですし
改めて挨拶に行くのもなんなので
遠方の親戚にも来て欲しいです。

ここでひとつ悩みが。
招待したいと思っている友人の中には
出産して半年くらいの
遠方に住む方がいます。
どうしても出席して欲しいけれど
その場合赤ちゃんはどうしたら良いのでしょう。

勿論
自分たちとしては
可能なら赤ちゃんも一緒に・・・と思っています。
けれども
小さな子を連れたお母さんたちが
披露宴で大変そうにしている姿も
過去に何度も見掛けていますから
当然彼女にも無理強いは出来ませんし・・・。

日程が確定したら
すぐにでも連絡をとって
一番良い方法を模索したいと思います。

経産婦の友人に
(赤ちゃんが)何ヶ月くらいからなら
出てこられるかを
相談してみたほうが良いかもしれませんね。

むむむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

への道・2(最初の挫折)

そういった訳で
多少焦りながらも浮かれ気分で
帰宅した我々でしたが
ふと
不安が頭を過りました。

本当に
仮押さえした日程で良かったのかしらん?

外出の際忘れていった手帳を開くと
なんと
一週間日程が間違っていました・・・。
しかも
都合が付かないのは自分のせいです。

あわわ。

どうしよう。
今夜はもう営業時間は終わってしまったし
明日電話しないと・・・
でも
もし駄目だったら
(旦那さんの)忙しい夏は避けて
秋まで結婚式は出来ないよー

とひとりで捲し立てていたら
旦那さんに怒られてしまいました。

「自分の都合(実はサッカー観戦)ばかり
優先させていたら出来る訳ないじゃないか」
というような主旨のことを言われたような・・・。

就寝時間まで
そんな感じで険悪な雰囲気のままでした。
何だかあんまりです。
悲しくなってしまいました。
自分ばかりが悩んでいるような被害妄想にまで
取り付かれてしまいました。

最後には
「もう結婚式なんて要らない。」と
心にもないことを言ってしまい
涙が止まらなくなってしまいました。
(普段はあまり泣かないのですが・・・)

初日からこんなことになるなんて。
結婚式を挙げられた諸先輩方も
こんな苦労をしてこられたのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

への道・1(始めの一歩)

何年前でしたか
夏の高校野球の県予選?か何かを
追いかける番組のタイトルが
「甲子園“への道”」だったような・・・。

取り立てて何がどうという事では
ないのですが
最近ふっと思い出しました。

先日の日曜日(2月1日)に
今まで足を踏み入れたことが無かった場所に
初めて
かなりの勇気を振り絞って行って来ました。

結婚式場の紹介やそれについての相談に
乗ってくれるという場所です。

挙式・披露宴について
まだ何一つ具体的に考えてはおらず
取り敢えずどんな様子か覗いてみよう・・・
程度の心構えだったのですが
思っていた以上に
考えが甘かったことを思い知らされました。

今から急いで準備をしても
希望する時期にやっと間に合うくらいだそうです。

あわわ。

処処の事情を考慮した結果
五ヶ所の式場を紹介してくれました。

希望の日程の空きがあるのは
その内二ヶ所。

その日程で会場の仮押さえをし
ひとまず11日に見学の予定を入れました。
それまでに
おおよその人数(といってもある程度具体的な)を
数えておくように言われました。

果たして
我々夫婦は
理想の結婚式を挙げることが出来るのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »